« サッカー:ニウマールの行方 その21 コリンチャンスが、リヨンに分割払いを提案。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その53 コリンチャンスの社長代行のクロウドミル・オルシは、監督を信頼している。 »

sábado, 11 de agosto de 2007

サッカー・ブラジル選手権2007 その52 コリンチャンス対フルミネンセ戦 観戦1。

7月7日(土)16時から、サンパウロのパカエンブー競技場で行われた、ブラジル選手権の第10節のコリンチャンス対フルミネンセ戦を観戦に行った。

この「事実上のホーム」のパカエンブー競技場で、コリンチャンスが、試合を行うのは、4月26日(木)以来であった。

競技場の東側に、見慣れない掲示があった。
パカエンブー競技場で、アーキバンカーダArquibancadaといえば、北側のゴール裏席である。
この席についての、何か注意があった。
別に気にもとめなかったのだが、あとでその意味が分かった。
Spd20070707fa

パカエンブー競技場の正面入り口、
今ひとつ観客の入りはよくないようだった。
Spd20070707fb

それでも、まだ当日券を買い求めるファンが、シャルレスミラー広場に列を作っていた。
試合開始前、30分くらいだったのだが。
Spd20070707fc
※クリックすると拡大する。

競技場に入って驚いた。
いつもと何か違う。
いつもガヴィオンエス・ダ・フィエウの方々の指定席になっているところがぽっかりと空いていた。
Spd20070707fd

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの方々が来ていないのではない。
入れなくしていたのだ。
それが、場外にあったアーキバンカーダについての掲示の意味だった。
警備がしっかりと、コントロールをしていた。
Spd20070707fh

ガヴィオンエス・ダ・フィエウの方々は、いつもよりも北側に座らざるを得なかった。
Spd20070707fi

この試合は、そういえば何か変だった。
朝から、競技場の周辺を、反アルベルト・ドゥアリビ(コリンチャンス社長)の運動をふれ回る街宣車が走り回っていた。
そして、競技場の内外で、紙が配られていた。

その紙を掲げるリハーサルが行われた。
ノリが良い多くの観客は、楽しく参加した。
Spd20070707fe

ガヴィオンエス・ダ・フィエウはもちろん反アルベルト・ドゥアリビの中核になっている。
Spd20070707ff

電光掲示板に選手の名前が出て来た。
監督のパルロ・セーザル・カルペジアーニの名前が出るのは、これでやっと2回目である。
Spd20070707fg

いつものコリンチャンス大好きおばあさんは、この日もノリノリであった。
衣装も、また新調したようだ。
Spd20070707fj

フルミネンセの選手が入ってきた。
クラブの旗まで持ってきた。
Spd20070707fk

コリンチャンスの選手がグラウンドに入ってきた。
DFゼロンという選手だ。
Spd20070707fl

サン・カエターノから移籍して、フルミネンセに入団したばかりだったFWソマリア。
※7月末には、日本のクラブから打診があったという報道もあった。
Spd20070707fm

フルミネンセのレナット・ガウーショ監督。
Spd20070707fn

コリンチャンスの選手を待つ子供達の列は長かった。
Spd20070707fo

コリンチャンスの選手が、観客に挨拶。
なんだかバラバラである。
Spd20070707fp

こちらコリンチャンスから、フルミネンセに移籍したばかりのFWジャン・カルロスが、パウロ・セーザル・カルペジアーニ監督に挨拶をしに来た。
ジャン・カルロスは1月にコリンチャンスに移籍したが、振るわなかった。
彼を追い出したパウロ・セーザル・カルペジアーニ監督に挨拶をする心境はいかがなものか。
Spd20070707fq

コリンチャンスの選手の記念撮影。
コリンチャンスの選手は、この1月と5月に大幅に代わった。
おまけに、パカエンブー競技場で試合をしないものだから、
名前と顔が一致しない選手が増えた。
Spd20070707fr

フルミネンセの選手が、国歌演奏のために整列した。
Spd20070707fs

コリンチャンス大好きばあさんの舞。
「20070707Futebol-BA-Corinthians-Fruminense3-Hino.MOV」をダウンロード

GLOBO局系のグラウンド・レポーターがFWフィナッチにインタビュー。
5月に、ポンチ・プレッタから移籍。
Spd20070707ft

誰だったか。
Spd20070707fu

GKフィリッピ。
5月に、ブラガンチーノから移籍。
Spd20070707fv

ウェリンギトンのはずだが。
Spd20070707fw

誰だったか。
Spd20070707fx

これも、誰だか。
Spd20070707fy

DFゼロン。
彼も5月に入団。
Spd20070707fz

キャプテンのDFベットン。
コリンチャンスのジュニア出身。
8月はじめに、フランスのソショーSocauxに移籍
Spd20070707fza

つづく。

|

« サッカー:ニウマールの行方 その21 コリンチャンスが、リヨンに分割払いを提案。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その53 コリンチャンスの社長代行のクロウドミル・オルシは、監督を信頼している。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16075814

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2007 その52 コリンチャンス対フルミネンセ戦 観戦1。:

« サッカー:ニウマールの行方 その21 コリンチャンスが、リヨンに分割払いを提案。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その53 コリンチャンスの社長代行のクロウドミル・オルシは、監督を信頼している。 »