« ブラジル・サッカー:2007 その88 ウィリアンは、シャクタル・ドネツクと5年契約。 | Main | ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その2 サッカー博物館開館の予告。 »

sábado, 25 de agosto de 2007

サッカー:ニウマールの行方 その24 ニウマールは引く手あまた。

いくつものブラジルのクラブがニウマールNilmarに関心を示しているものの、ニウマールを連れ出そうと最初にパスを出したのは欧州のクラブである。

サンパウロFCとサントスSantosが、ニウマールと契約する最大の候補者といわれているが、ニウマールの代理人のオルランド・ダ・オーラOrlando da Horaは公式なオファーがあったのは欧州からの一つからだけだと明らかにした

「欧州の大クラブからが、唯一である。 とても良い。今晩か明日に返事をする」と、オルランド・ダ・オーラは言った。 関心を持っているクラブの名前は明らかにしなかった。

オルランド・ダ・オーラによると、サンパウロFCの役員との会議はまだ水曜日までは行われていない。
なぜなら、彼はまだ家族の問題を解決しなくてはならなかったからだ。

オルランド・ダ・オーラは、サンパウロFCからも、サントスからも公式のオファーは受け取っていないと保証した。
しかし、期待している。

「我々へのオファーは決まるはずである。 サンパウロFCがどれだけニウマールを欲しがっているかが証拠である。 彼らはそれを語っている。 しかし、誰からも受け取っていない」

待っている状況で、オルランド・ダ・オーラはブラジルではニウマールは好みはないと保証した。
より良い金銭的なオファーと受け入れ設備を受ける事になる。
入札は開いている。

-----------------------------
ニウマールに関心があると、公式非公式に言ったクラブは、
サンパウロFC、サントス、インテルナシオナウ、パルメイラス、フラメンゴ、フルミネンシである。

ただ、問題はニウマールの給与を支払えるクラブは多くないという事と、欧州のクラブとはどのクラブも競争する力がない事である。

まだ、コリンチャンスは控訴する構えであり、
この控訴審の結果を見て、
ブラジルのクラブは正式に動き始める事になるだろう。

コリンチャンスは、まだニウマールを諦めていない。

|

« ブラジル・サッカー:2007 その88 ウィリアンは、シャクタル・ドネツクと5年契約。 | Main | ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その2 サッカー博物館開館の予告。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16232141

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ニウマールの行方 その24 ニウマールは引く手あまた。:

« ブラジル・サッカー:2007 その88 ウィリアンは、シャクタル・ドネツクと5年契約。 | Main | ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その2 サッカー博物館開館の予告。 »