« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その34。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その92 番組200回記念名場面集5。 »

quarta-feira, 15 de agosto de 2007

ブラジル・サンパウロの「72年製ワーゲン」

ブラジルは、貧富の差がとても激しい国である。
それは、何も長く住まなくても、着いたばかりの旅行者でもすぐに気付くことだ。

サンパウロ市内の中心部や高級住宅街や、郊外を走っている車の質が、明らかに違うからだ。
極端な話、5キロ離れる毎に、車の年式が古くなっていく。
20キロ以上離れると、走っている車も、10年ものどころか、20年ものやそれ以上のものが、いくらでも走っている。

修理に修理を重ねて、もしくは修理もせずに、使っている。

ライトがない車、バンパーがない車、煙を出して走る車、鍵が壊れているのでドアを針金で縛っている車、錆びて朽ち果てつつある車など、恐ろしい車も徐々に登場してくる。

中心部に近い中古車屋では、この数年の年式の車を売っているが、
20キロも離れると、10年もの以上でいっぱいである。

20年もの以上の車も、普通に販売されている。

ブラジルでは、20年以上経った車は、毎年の税金を支払う必要がない。
だから、そういった車への需要は確実にある。
古い分、修理費がかさむはずだろうと思うのだが、どうだろうか。

古い車で、丁寧に使ってある車は見た目きれいにしている。

市内深南部を走っていたら、1972年製のワーゲンを売っていた。
持ち主が、「売ります」と窓に書いている。
1972年製なので、35年ものである。
Spd20070810ca

とてもそうは見えない。

おそらく、塗装はやり直したろうし、
エンジンも積み替えているかもしれない。
メーターも取り替えているだろう。
シートも張り替えたか、取り替えているはずだ。
オリジナルの部品などシャーシくらいだろう。

ブラジルでは、古い車がいよいよ走らなくなったら、
使える部品をはぎ取ってストックしている業者がいる。
こういった業者は、時には盗難車を解体しているときもあるので、恐ろしいが。

そういったところへ行って、部品を集めて、修理に使うのだ。

ブラジルでは、このワーゲンのカブトムシは、一度生産が中止になったこともあったが、最終的には90年代初めまで生産されていた。
まだ部品とならずに走っているものは多い。

2,400レアルという価格が付けてある。
約14万円くらいだ。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その34。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その92 番組200回記念名場面集5。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「72年製ワーゲン」:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その34。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その92 番組200回記念名場面集5。 »