« ブラジルの広告 その22 「腕を下げない女性」 | Main | ブラジル・リオ・デ・ジャネイロで開催の「国際柔道選手権」のブラジル代表。 »

segunda-feira, 13 de agosto de 2007

ブラジル・サンパウロの桜2007 その2 サン・ロッキの桜祭り。

7月8日に、サンパウロ市の西郊60キロのところにあるサン・ロッキSao Roque市にある国士舘スポーツセンターで開催された、恒例の「桜祭り」に行ってきた。

サン・ロッキ市域内にあるのだが、
イビウナ市へ向かう街道筋から入ったところにある。

街道筋に沿って、この桜祭りを告知する表示はない。
ただ、街道筋から、入るところにだけ、発見しにくい掲示があった。

国士舘スポーツセンターの敷地の入り口である。
広大である。
Spd20070708zg

駐車場。
白いテントが、会場である。
Spd20070708a

テントの一つが、バザールになっている。
何も福祉のものではなく、ただ主として日系人の必要とする物品を販売する店が出店しているだけだ。
Spd20070708j

たとえば、日本食品とか、布団とか、衣料品とか、雑貨とかだ。
Spd20070708g

そして、日本映画などのDVD。
Spd20070708d

もちろん、コピー商品。

それも、1950年代の時代劇や軍記物。
Spd20070708e

新しいものもあるが、
いかにも高齢者が喜びそうな感動ものが多い。
Spd20070708f

そして、演歌のDVD。
Spd20070708b

こちらも当然コピーもの。

ど演歌の大御所から、あまり知らない演歌歌手のものばかりである。

今風のものはない。
Spd20070708c

とにかく、古き良き日本を彷彿させるようなものが、好まれるのである。
今の日本のものは必要ではない。
それは、NHKの海外放送で十分である。

移民の方の心の中で昇華された日本が見たいのである。

桜の苗の販売所。
Spd20070708h

7月だが、鯉のぼり。
広い心でみておきたい。
Spd20070708i

桜祭りの出し物のプログラム
日系の祭りであるのだが、
ロシア、ウクライナ、リトアニアの出し物があるのに気が付いた。
このあたりには、そういった国からの移民の方も多かったのだろう。
Spd20070708k

別のテントには、フードコートがあった。
いつものように、焼きそばや(ブラジル式)天ぷらなどが販売されていた。
Spd20070708m

そして、ロシアの食品のコーナーもあった。
Spd20070708l

桜。
Spd20070708n

何でもここの桜は「沖縄桜」と呼ばれている。
Spd20070708o

色がとても濃いのが特色だ。
Spd20070708p

桜の下で、お弁当を広げている日系人グループもあった。
Spd20070708q

色が濃すぎる嫌いもあるが、それはそれブラジルの空に映えていた。
Spd20070708r

散歩をしていたら、ある木に、鳥の巣があった。
鳥はいなかった。
Spd20070708s

遠くから、会場全体を眺めてみた。
Spd20070708t

体育館の脇に、「自然と人類の共存」と書かれた碑があった。
文部大臣島村宜伸という銘があった。
Spd20070708u

その体育館である。
何故、この地に国士舘はこのような施設を作ったのだろうか。
Spd20070708zf

桜の木は、敷地のあちこちにあるのだが、
もっとも集まったところは、会場の下の方。
出し物や食べ物に人は集まって、桜のほうには、それほどでも。
桜は毎年のこと。
やはり「花より団子」ということだろう。
Spd20070708v

ステージのあるテントでは、ロシアの民謡のグループがでていた。

所詮、素人の芸達者のグループには違いないのだが、
高齢のロシア系の方々の中には、泣きそうになって感激している人も多かった。
Spd20070708w

多分ロシア系のお嬢さん。
Spd20070708x

司会もいて、これから演じるダンスや歌の解説をしてくれた。
彼らは、アマチュアだが、あちこちを回っているらしかった。
Spd20070708y

そして、Edison Saitoという日系人の歌手。
Spd20070708z

日本語での語りも達者で、日本の歌を歌っていた。
それも、やはり高齢者が喜びそうな昔の歌や、何か昔風のほのぼのした歌。
Spd20070708za

彼も、こういった日系人の色々なイベントを回っているのだろう。
Spd20070708zb

彼が唄っていた、
「私が死んでも、私のお墓に私はいません」とかいう歌詞の歌にびっくり。
何という歌詞かと思った。
Spd20070708zd

日本人移民の方々は、しみじみと聞き入っておられた。
Spd20070708zc

日系人も多いのだが、そのほかの人種の方もいっぱい。
ごく自然に、こういった交流が出来ていく。
ブラジルの将来はきっと明るいと確信する。
Spd20070708ze

|

« ブラジルの広告 その22 「腕を下げない女性」 | Main | ブラジル・リオ・デ・ジャネイロで開催の「国際柔道選手権」のブラジル代表。 »

Comments

「私が死んでも・・・・」というのは、昨年、日本で大ヒットした「千の風になって」という曲です。アメリカで広く歌われていた歌を日本語に翻訳した作品だそうです。私も、この曲の出だしを聞いたとき、???と思ったのですが、死者がこの世に残した人々を風になって見守っていくとかなんとかという内容で、ウチの子どもたちも何故か好きです。

Posted by: paraisoviny | segunda-feira, 13 de agosto de 2007 at 22:31

>paraisoviny様
NHKも視ず、日本語新聞も読まない生活で、わずかにインターネットだけが日本の情報源という生活をしているので、何にも知りません。
それでも、昔に比べるとインターネットがあるだけ相当ましです。
まあ、インターネットでも、日本語サイトにそれほどアクセスしているわけでないです。
それにしても、不気味な歌詞でした。

Posted by: Sao Paulo | sábado, 18 de agosto de 2007 at 23:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16098169

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの桜2007 その2 サン・ロッキの桜祭り。:

« ブラジルの広告 その22 「腕を下げない女性」 | Main | ブラジル・リオ・デ・ジャネイロで開催の「国際柔道選手権」のブラジル代表。 »