« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その45。 | Main | サッカー:ニウマールの行方 その27 インテルナシオナウは諦めない 2。 »

segunda-feira, 3 de setembro de 2007

ブラジル・サンパウロの広告 看板規制7 ロリータの場合。

ブラジル・サンパウロ市は、2007年1月から、”Lei Cidade de Limpa”という条例を施行させた。
「街をきれいにする条例」である。

これは、掃除をするというものではなくて、街中に氾濫していた広告のビルボードやテンポの看板を規制するというものである。

第1弾は、1月からで、屋外広告のビルボードの全面的な撤去だった。
道路や建物の屋上や壁に設置されていた巨大な広告の撤去である。
これは、割とスムーズにいった。
屋外広告を出せる企業は資金がある大企業が多かったからである。

第2弾は、4月からで、店舗の外側に掲げられた看板のサイズの規制である。
何も大企業だけではなく、一般の個人経営の商店の看板まで規制するのである。
これは、簡単なことではない。
小さな商店にとっては、看板の撤去や掛け替えは大きな負担である。

今も進行中であるといって良い。
進行中の段階であるので結論ではないが、
綺麗になった気は全くしないといっても良い。

ビルボードがなくなって、すっきりしたのは事実だが、
それによって隠れていた汚い壁が見えているという事実もある。

更に、広告には綺麗な綺麗なお姉さん方が素晴らしい姿態を
見せていたものもあったのだ。

サンパウロの中心部に近いBexigaベシーガという地区に、
"Coisas de Lorita"(=ロリータのもの)という店がある。
Spd20061108af
(2006年11月)

リベルダーヂから拙宅に帰るときにこの店のある道を通る。

”ロリータ”というだけで何かドキドキしてしまうのだが、
この店は古物商である。
主に家具を取り扱っている。
このあたりには、こういった店がちょっと集まっている。
Spd20070831ld

この店は、そういった物を売るだけではなく、
レンタルもする。
テレビ局や雑誌社などをお得意様にしているような店だ。

Spd20070426cc
(2007年4月)

この店も、看板を変えた。
でも、これではまだ違反のはずである。
また、変わるだろう。
Spd20070831lc
(2007年8月)

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その45。 | Main | サッカー:ニウマールの行方 その27 インテルナシオナウは諦めない 2。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16328666

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの広告 看板規制7 ロリータの場合。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その45。 | Main | サッカー:ニウマールの行方 その27 インテルナシオナウは諦めない 2。 »