« ブラジルの「人質事件の結末」 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その82 フィグェイレンセのマリオ・セルジオ監督解任。 »

quinta-feira, 6 de setembro de 2007

サッカー・ブラジル代表 米国戦 その7 エドゥ・ドゥラセナとグラッヂストンを追加招集。

フェネルバチェFenerbahçe (Turquia)のDFエドゥ・ドゥラセナEdu DracenaとスポルチンギSporting (Portugal), のグラッヂストンGladstoneが、9月6日(木)に、ドゥンガDunga代表監督によって、9月9日(日)にシカゴChicagoで行われる米国Estados Unidos代表との、そして、9月12日(水)にボストンBostonで行われるメキシコMéxico代表との親善試合を戦うブラジル代表seleção brasileira選手として招集された。

この招集は、サンパウロFCのDFアレックス・シウヴァAlex SilvaとチェルシーChelsea (InglaterraのアレックスAlexがケガのため離脱したことによる。

アレックス・シウヴァは、9月5日(木)に行われたブラジル選手権Campeonato Brasileiro第24節の対アツレチコ・ミネイロAtlético Mineiro戦で0対0で引き分けた時に、筋肉を痛めた。
アレックスは、くるぶしの怪我である。

欧州のパスポートを持っているので、エドゥ・ドゥラセナEdu DracenaとグラッヂストンGladstoneは、米国Estados Unidosにはいるのにビザの問題はない。

--------------------------
ビザの問題で、選んだわけではないだろうに。

|

« ブラジルの「人質事件の結末」 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その82 フィグェイレンセのマリオ・セルジオ監督解任。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16368814

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 米国戦 その7 エドゥ・ドゥラセナとグラッヂストンを追加招集。:

« ブラジルの「人質事件の結末」 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その82 フィグェイレンセのマリオ・セルジオ監督解任。 »