« ブラジル・サンパウロは「春」2007 その4 最高気温は18度。 | Main | サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その2 対コロンビア・エクアドル戦の代表発表。 »

quinta-feira, 27 de setembro de 2007

ブラジル・サンパウロの公園 その76 Área de Proteção Ambiental Municipal do Bororé-Colônia 4 ボロレ島からリアッショ・グランヂ。

ブラジル・サンパウロ市域内にある公園を紹介している。

公園は、2006年にサンパウロ市の環境緑地局が発行した「緑の地図」に掲載されたものである。
すでに、市営公園の紹介を終えたので、州営の公園を紹介している。

州営公園の4番目として、州営の公園の中でももっとも面積が広いセッハ・ド・マール(=海岸山脈)州立公園Parque Estadual da Serra do Marを紹介した。
広大なこの公園域でセンターとして公開されている部分のうち、サンパウロ市域内にある「クルクツ・センターNúcleo Curucutu」を紹介した。
このクルクツ・センターがあるセッハ・ド・マール州立公園は、サンパウロ市の最南端部に位置しているのだが、その公園域の北側が、サンパウロ市によって、カピヴァリ・モノス環境保護区に指定されている。

カピヴァリ・モノス環境保護区Área de Proteção Ambiental Municipal do Capivari-Monosは、公園ではないのだが、サンパウロ市環境緑地局が管轄している地区であり、「緑の地図」にも記載されている。
このカピヴァリ・モノス環境保護区Área de Proteção Ambiental (APA) - Capivari-Monosも紹介してきた。
カピヴァリ・モノス環境保護区Área de Proteção Ambiental Municipal do Capivari-Monosは、2001年にサンパウロ市によって設定された地区である。

--------------------------------
ボロレ・コロニア環境保護区Área de Proteção Ambiental Municipal do Bororé-Colôniaは、2006年にこのカピヴァリ・モノス環境保護区の北側にあたる地域に設定された。

尚、このボロレ・コロニア環境保護区は、「緑の地図」には記載されていない。
「緑の地図」の発行時にはまだ設定されていなかったか、設定されたばかりだったはずである。

このボロレ・コロニア環境保護区についても、この機会に紹介をすることにした。

----------------------------
ボロレ・コロニア環境保護区のなかで、唯一よい景色と言えるのが”ボロレ島の旅”である。

以前に紹介した「サンパウロ市の7大美景」の一つにも入っている。

----------------------------
ボロレ島」は、本当は島ではない。
半島である。
Spd20070924abce

人造湖であるビリングス湖が出来る前は、間に川もしくは湿地があったとしても、今のように船を使って、サンパウロ市中心部に行くようなことはなかったはずである。

人造湖が出来たことによって、まるで「島」のように隔絶した場所になってしまったのだ。

半島自体には、名前はないようだ。
半島の突端が「ボロレ島」と呼ばれる地域のようだ。

船を使わずに、「ボロレ島」に行こうとすると、南側に大きく回らなくてはならないし、その道は非舗装である。
船を使った方が、断然便利である。

「ボロレ島」の半島は、隔絶されているだけに、市街地化したところはない。
ファヴェーラもない。
農村地帯である。

山林を含む農場とそこで働く労務者の集落が点在しているだけである。
湖にまで達している農場のいくつかは、観光客も受け入れているような看板を掲げている。
釣りをさせたり、魚料理を供したり出来るようだ。

この半島では道路は、乗船場から、半島を南に縦断する道しかないといってもよい。
この道だけが、舗装道路である。
農場や集落への幾つかの脇道は全て非舗装となっている。

車はほとんど走っていない。
ただ、尾根道なので、湖を眺められるところはほとんどない。
Spd20070810czk

「ボロレ島」をでて4キロほど行くと、斜め右に分かれる道がある。
もちろん非舗装の道であるが、これはコロニア市街地方面に向かう道で、
この道を使うと、フェリーを利用せずに、対岸に行ける。

「ボロレ島」からの舗装道路を、そのまま進んでいくと、
実はまた新たな乗船場が現れる。
Spd20070810czl

もうこの乗船場には、フォフォーの大音量を鳴らすような店は並んでいない。
静かな船着き場である。

使われているフェリーも、同型のようだ。
Spd20070810czm

何もない乗船場周辺である。
Spd20070810czo

水鳥が舞う。
Spd20070810czs

マスト。
Spd20070810czt

船橋。
Spd20070810czq

乗船客のスペースでベンチがある。
救命胴衣もきちんと用意されている。
Spd20070810czp

出航しようとした時に路線バスがやってきた。
サンパウロ市内のバスなので、このフェリーには乗らない。
バスを降りた客がフェリーを目指して歩いてくる。
フェリーはそれを待った。
Spd20070810czr

対岸である。
対岸はもうサンパウロ市域ではない。
サン・ベルナルド・ド・カンポ市である。
Spd20070810czn

やはり10分も無い航海時間であった。
Spd20070810czu

この区間が一番、利用者が少ないようであった。
Spd20070810czv

乗船場からスロープになっている道路を上がると、
その先は非舗装の道路だった。
Spd20070810czw

湖岸。
Spd20070810czx

このあたりの保育園である。
Spd20070810czz

乗船場からの道を道なりに延々と行く。
広くない。
何の表示もない。
Spd20070810czza

ここでは、左に行った。
何の表示もない。
Spd20070810czzb

南に向かっていた道が、やがて東向きになる。
道幅はやや広くなるが、
非舗装には変わりない。
Spd20070810czzc

フェリーは車長10メートル以内の2軸車だけであるという注意表示がでていた。
この表示の先から、道路は舗装されていた。
Spd20070810czzd

黄色いスクールバスが何台も停まっていた。
やや賑やかになってきた。
Spd20070810czze

車が渋滞していた。
フェリーを待つ列である。
Spd20070810czzf

トラックが何台も並ぶ列で、
乗るまでに時間がかかった。
Spd20070810czzg

この乗り場周辺には店があった。
フォフォーの喧噪はなかった。
Spd20070810czzh

何とか最後の車になることが出来た。
Spd20070810czzi

湖岸。
Spd20070810czzj

結構、車を乗せられるフェリーである。
Spd20070810czzk

この乗船時間も10分もない。
Spd20070810czzl

本当に湖を渡る風は気持ちよかった。
※クリックすると拡大する。
Spd20070810czzm

降りる車で、つかの間ごったかえす。
Spd20070810czzn

もうちょっと乗っていたい気もするのだが、
そうもいかない。
Spd20070810czzo

着いたところは、
サンベルナルド・ド・カンポ市のリアッショ・グランヂというところである。

サンパウロ市からサントス市に向かうアンシエッタ街道沿いにあって、
近年、ビリングス湖岸のリゾート地、別荘地として賑わっているtころである。

ここから、アンシエッタ街道でサンパウロに戻ることにする。
サンパウロ市内東南部のアンシエッタ街道の終点のサコマンあたりまで、
混んでいなければ30分もかからない。
Spd20070810czzp

フェリーに3回乗ることが出来る短い旅であった。
フェリーは全て無料である。

(サン・ベルナルド・ド・カンポ市域内でのルート)
Spd20070924abcf
※クリックすると拡大する

※※もちろんサン・ベルナルド・ド・カンポ市域内は
   ボロレ・コロニア環境保護区ではない。
※※このフェリーを使うしかないサン・ベルナルド・ド・カンポ市域の
   最南部は農業地域。
   日系農家もある。
   サンパウロ市のバハージェン地区とも隣接しているが、
   非舗装の悪路なので記さない。

----------------------------
(3つのフェリーの全ルート)
サン・ベルナルド・ド・カンポ市域内で、
イミグランテス街道の高架橋の下をくぐる。
しかし、この付近には
イミグランテス街道の正規の出入り口はない。
フェリーに乗ってリアッショ・グランヂまで行き、
アンシエッタ街道でサンパウロ市域に行くのが、
最も速い方法である。
Spd20070924abcg
※クリックすると拡大する。

今回紹介した3つのフェリーに続けて乗船するという短い旅は、
休日にはかなり混雑する。
半日では、踏破は難しい。
朝早くから、出かけることをお勧めする。
また、観光地化しているのは、
リアッショ・グランヂ地区だけである。
リアッショ・グランヂ地区であれば、
それなりのレベルのレストランがある。


|

« ブラジル・サンパウロは「春」2007 その4 最高気温は18度。 | Main | サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その2 対コロンビア・エクアドル戦の代表発表。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16589439

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの公園 その76 Área de Proteção Ambiental Municipal do Bororé-Colônia 4 ボロレ島からリアッショ・グランヂ。:

« ブラジル・サンパウロは「春」2007 その4 最高気温は18度。 | Main | サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その2 対コロンビア・エクアドル戦の代表発表。 »