« サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その9 カカは標高は問題ではないと言った。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その64。 »

quinta-feira, 11 de outubro de 2007

サッカー:コリンチャンスの危機 その5 アンドレ・サンシェス新社長が、プロチームを指揮。

アンドレ・サンシェスAndrés Sanches新社長は、プロ・サッカーチームを指揮するために人をおくことはない。
年末まで、彼がコリンチャンスCorinthiansのプロチームをみることになる。

10月10日(水)に、彼は3人の副社長(財務、法務、管理)を任命する。
名前は明らかにされていない。
社長代行のクロドミル・オルシClodomil Orsiの元で、サッカー担当の副社長だったアントニエ・ジェブランAntoine Gebranはすでに指揮を外れた。

「サッカーは年末までは自分だ。 2008年になったら、別のことを考える。 しかし、当分、ネルシーニョ・バチスタNelsinho Baptistaが監督でいる」と、アンドレ・サンシェス新社長は言った。

アンドレ・サンシェス新社長は、降格について話をすることも知ろうとは思っていない。
コリンチャンスCorinthiansは、ブラジル選手権Campeonato Brasileiroが終了するまであと8試合を残して、2008年にセリエBにはいる4チームから逃げようとしている。

「自分はいつも降格することはないと思っていた。 今はサンパウロFCに勝利したあとでより確かになった。 コリンチャンスCorinthians はいつもとても強い。 ユニフォームはとても重い」と、アンドレ・サンシェス新社長は言った。

選挙に勝ったすぐあと、彼は何度もコリンチャンスTimãoのユニフォームにある紋章に口づけをした。

アンドレ・サンシェス新社長は選手達と直接に話すと約束した。
「いつも話をしているように彼らと話す。 ほぼ全員を知っている」と言った。 

-----------------------------
なんか変わるだろう。

ネルシーニョ・バチスタ監督は、当面安泰である。

|

« サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その9 カカは標高は問題ではないと言った。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その64。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16728926

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:コリンチャンスの危機 その5 アンドレ・サンシェス新社長が、プロチームを指揮。:

« サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その9 カカは標高は問題ではないと言った。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その64。 »