« サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その14 対エクアドル代表戦。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その102 【蔵出し】インヂオ部落訪問。 »

quinta-feira, 18 de outubro de 2007

サッカー:ロマリオの日々 その35 フラメンゴ戦にはベンチ入り。

長い会話のあと、ロマリオRomárioはセルソ・ロッチCelso Roth監督を説得できた。
セルソ・ロッチ監督は、10月18日(木)にマラカナMaracanã競技場で行われる”クラシコ”のフラメンゴFlamengo戦にロマリオBaixinhoが「いる」ことを最後に保証した。

しかし、ロマリオは控えの席である。
セルソ・ロッチ監督はロマリオの経験が最大のライバルとの試合においてチームを助けだろうと思っている。

「ロマリオRomárioは見本だ。 標準以上である。 この何日か話をしてきた。 ロマリオは控えに座る。 肉体の状態でずっと出場出来ないとしても、重要なことは彼がグループにいることと彼の経験が伝わることである」と、セルソ・ロット監督は説明した。

セルソ・ロッチ監督によると、ロマリオRomárioを控え席で使うという決定はチームのためになされた。 何も単に、キャリアで最後のクラシコに参加したいというロマリオの気持ちだけではない。
セルソ・ロッチ監督は、グラウンドに入ることがなくても、ロマリオRomárioのような選手を使うことは基本的なことであると明言した。

「ロマリオRomárioの復帰は計画されていた。 しかし実際は計画したように行われていない。 しかしロマリオRomárioのレベルにある選手を助けにおくことはとても重要なことである。 グラウンドの中にいなくてもである」と、セルソ・ロッチ監督は締めた。

-----------------------------
ロマリオは、実際にはグラウンドに出ないのだろうか。

考えてみれば、
今回の試合が、ロマリオにとって、最後のフラメンゴ戦になるわけである。

|

« サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その14 対エクアドル代表戦。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その102 【蔵出し】インヂオ部落訪問。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16793223

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオの日々 その35 フラメンゴ戦にはベンチ入り。:

« サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その14 対エクアドル代表戦。 | Main | ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その102 【蔵出し】インヂオ部落訪問。 »