« ブラジルの経済2007 その4 ブラジル通貨レアルは再び高騰中。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その81 Parque Estadual das Fontes do Ipiranga 4 植物園諸々。 »

quarta-feira, 3 de outubro de 2007

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その58。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

パカエンブー大通りから、
ペルヂーゼスの丘に向けて、100メートルほどの歩行者専用の通路がある。
その通路沿いの壁に描かれているグラフィッチ(壁絵)群である。

続きである

この絵も、
パウリスタ大通りにあるパスツール研究所の建物の絵の上に、
上書きをしている。
Spd20070628lh

よく見かけるタッチの作品である。

子供の左膝に乗せているのだが、
妙にその太腿が長すぎるように思える。
さらに、犬が片足を上げているのだが、
排泄するものが違っているように思える。
Spd20070628lg

ちなみに、
サンパウロ市で、
犬に噛まれた時は、
傷の手当ては、近所の外科でやってくれるが、
パスツール研究所で
念のために狂犬病の予防注射をしてもらった方がよい。
外科も、
パスツール研究所に行くようにいうはずだ。
パスツール研究所では、
その事故の状況について、
説明をしなくてはならない。
ブラジルでは、
狂犬病が現実的に発生しているからだ。

もっとも、
サンパウロ市では
ここ何十年も狂犬病は発生していないらしい。

|

« ブラジルの経済2007 その4 ブラジル通貨レアルは再び高騰中。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その81 Parque Estadual das Fontes do Ipiranga 4 植物園諸々。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16648451

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その58。:

« ブラジルの経済2007 その4 ブラジル通貨レアルは再び高騰中。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その81 Parque Estadual das Fontes do Ipiranga 4 植物園諸々。 »