« サッカー:コリンチャンスの危機 その4 対立候補もアンドレ・サンシェスの新社長選出を認めた。 | Main | サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その9 カカは標高は問題ではないと言った。 »

quinta-feira, 11 de outubro de 2007

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その8 ロビーニョがボールを使った練習に戻るのは金曜日。

ブラジル代表のトレーナーのルイス・アルベルト・ローザンLuiz Alberto Rosanは、10月10日(水)の午後、FWロビーニョRobinhoは金曜日に、南米予選の初戦が行われるコロンビアColômbiaに出発する前の最後の練習を他の同僚達とすることを確認した。

ロビーニョは、左のくるぶしの捻挫から回復中である。

「ロビーニョは15日前に捻挫した。 休ませなければならない。 関節を強くするようなワークを彼と行っている。 日曜日にロマリオがグラウンドに出られるようにワークしている」と、ルイス・アルベルト・ローザンは説明した。

選手達が、ドゥンガDunga代表監督の指揮の下で、正選手と控えに別れて試合形式の練習を行っている時に、ロビーニョRobinhoはテニスコートで別にワークしていた。

「ロビーニョはまだサッカーシューズを履くほどよくはない。 金曜日には彼は普通にトレーニングできるだろう」

ルイス・アルベルト・ローザンは、コロンビアColômbia戦でのロビーニョRobinhoの復帰が危ないのではないかと言うことについては、話したがらなかった。

「それについて自分は話すことは出来ない。 それは決定をするのは、技術委員会だからである」と締めた。

-------------------------------
ブラジル代表のトレーニングの実況番組は、見始めると、これが止められない。

キラ星のような選手が、試合のように動き回り、そして時にはドゥンガ代表監督の指揮でセットプレイを繰り返す。
これを見ていると、実戦でどのように生きるのかを見られるのが楽しみである。
(トレーニング映像録画済み)

|

« サッカー:コリンチャンスの危機 その4 対立候補もアンドレ・サンシェスの新社長選出を認めた。 | Main | サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その9 カカは標高は問題ではないと言った。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その8 ロビーニョがボールを使った練習に戻るのは金曜日。:

« サッカー:コリンチャンスの危機 その4 対立候補もアンドレ・サンシェスの新社長選出を認めた。 | Main | サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その9 カカは標高は問題ではないと言った。 »