« サッカー:ロマリオの日々 その26 ロマリオは練習で驚かせている。 | Main | ブラジルの「薬事法違反」の女性リーダー。 »

terça-feira, 2 de outubro de 2007

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その57。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

パカエンブー大通りから、
ペルヂーゼスの丘に向けて、100メートルほどの歩行者専用の通路がある。
その通路沿いの壁に描かれているグラフィッチ(壁絵)群である。

続きである

このグラフィッチ(壁絵)群には、習作とおぼしき絵が多い。
普通は、他人の描いたグラフィッチ(壁絵)の上から重ねて描くことは少ない。
一旦白く塗りつぶされると、そこにすかさず描くというのが
一つのマナーのようになっている。
しかし、ここでは、上書きが行われている。

あまり人が通るところでもないし、
作品を見て貰えるところでもないので、
練習用のキャンバスのような場所になっているようだ。

この作品は、極めて珍しい。
何故かというと、「猥褻画」だからである。
サンパウロ市内にグラフィッチ(壁絵)は数あれども、
猥褻画はほとんどない。
ごく稀に発見することがあるのだが、
この作品のように未熟なのものばかりである。
Spd20070628le

いくつもの手などを書き加えて、
まるでデッサンの練習のようにして、
「猥褻性」を隠そうとしているとしか思えない。
それならば、はじめから描かない方がよい。
中途半端な作品である。

隣にあるのが、
「予言者」のような人の絵。
Spd20070628lf

これらの絵の背景は、
サンパウロ市内それもパウリスタ大通り沿いにある建物である。
全く別の作者によって描かれたものだろう。
ここのグラフィッチ(壁絵)群には、このような建物の絵がいくつも描かれている。

|

« サッカー:ロマリオの日々 その26 ロマリオは練習で驚かせている。 | Main | ブラジルの「薬事法違反」の女性リーダー。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16638387

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その57。:

« サッカー:ロマリオの日々 その26 ロマリオは練習で驚かせている。 | Main | ブラジルの「薬事法違反」の女性リーダー。 »