« サッカー:ロマリオの日々 その33 フラメンゴ戦。 | Main | ブラジル・サンパウロのF1-2007 その1 中島一貴が走った。 »

segunda-feira, 15 de outubro de 2007

ブラジルの「シンクロナイズド・スイミング」

10月12日(金)から14日(日)まで、
リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroの
マリア・レンキ・アクア・コンプレックスParque Aquático Maria Lenkで、
シンクロナイズド・スイミングnado sincronizadoの国際大会が開催された。
「20071011sporTVnews-NadoSincronizado.wmv」をダウンロード

ブラジルBrasil, ロシアRússia, 米国Estados Unidos, メキシコMéxico, 日本Japão, スペインEspanha, イタリアItáliaそしてエジプトEgitoの8ヵ国が参加して行れた。

ブラジルは、
7月に開催された
パン・リオでは3位だった。

この大会でも、
同じ振り付けで参加した。

優勝は、ロシア。
スペインが、いい演技を見せて2位。
日本は4位。
ブラジルは6位。
「20071014sporTVnews-NadoSincronizado.wmv」をダウンロード

「20071015GloboEsporte-NadoSincronizado.wmv」をダウンロード

エジプトが参加していた。
エジプトと言えば、政教分離しているとはいえ、
れっきとしたイスラム国である。
コーランによって、人前で肌をあらわにしてはいけないはずの
アラブ人女性の水着姿には、変に興奮した。

イスラム原理主義者が見たら、卒倒ものだろう。
世界各地からの移民で成り立ったブラジルにも、
もちろんアラブからの移民も、そしてイスラム教徒もいるのだが、
原理主義者はいないのだろうか。

海岸にいるブラジル水着の女性を見たら、
原理主義者もあまりのことに、気持ちが萎えてしまうのかな。
もっとも、ブラジルではお尻は良くても、トップレスは禁止であるが。

-----------------------------
コーランにある幾つかのタブーが、
いつも非イスラム教徒にはきちんと理解されないようだ。

実際に、中東に行ってみれば、
それらの戒律が、決して現実的な生活からかけ離れてはいなかったことが分かるはずである。

厳しい気候の中では、
厳しい規律を守っていないと生きていけないのである。

女性のベールや男性の長袖は、
太陽光線や砂嵐からの肌の保護である。
湿気が少ないので、汗がすぐ乾くので、
長袖でもべたべたしないのである。

禁酒は、
水の少ないところで、
飲み過ぎて脱水症状を起こさないためである。

多妻は、
肉体的に、精神的に、そして経済的にも余裕があると、
聖職者によって認められたものだけが出来ることで、
そういう人はほとんどいない。
イスラム勃興期には、あの地域では争いが多く、
未亡人が多かった。
多妻制度は、その未亡人の救済という観点を持っていたのである。

豚や「鱗がない魚」を食することの禁止は、
いうまでもなく衛生的な観点からである。

コーランに書いて、神の言葉にしているのだが、
それは、当時のあの地方で生きてきくためには、
必要だったことだと理解している。

イスラム教の地域が広まっていく中で、
アラブではない地域もあり、
この戒めにはマッチしない気候風土のところもあるが、
発祥の地のことを考えると、非常に合理的だとおもう。

-----------------------------
イスラム教そして、キリスト教の元になっている
ユダヤ教にすでに、
豚と「鱗がない魚」は食べないという戒律がある。

当時の中東では、常識だったのかもしれない。

このタブーのない現在のキリスト教は、
ローマの
ペドロの時代に変容したのだろうか。

-----------------------------
もちろん、ブラジルには食に関するタブーはない。

犬、馬、カエル、蛇などを、好んで食べる人は多くはないだろうが。

だが、パカエンブー競技場正面のシャルレス・ミラー広場のフェイラ(=青空市)の
魚屋さんは、時々「かえる」を扱っている。
誰が買うのだろうか。

-----------------------------
シンクロナイズド・スイミングから、全然違う話になってしまった。

(シンクロナイズド・スイミングの最終日は、全ての演技を録画した。)

|

« サッカー:ロマリオの日々 その33 フラメンゴ戦。 | Main | ブラジル・サンパウロのF1-2007 その1 中島一貴が走った。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16774675

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「シンクロナイズド・スイミング」:

« サッカー:ロマリオの日々 その33 フラメンゴ戦。 | Main | ブラジル・サンパウロのF1-2007 その1 中島一貴が走った。 »