« ブラジルの「薬事法違反」の女性リーダー。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その80 Parque Estadual das Fontes do Ipiranga 3 植物園の動物。 »

terça-feira, 2 de outubro de 2007

ブラジル・サンパウロは「春」2007 その5 春物衣料。

ブラジル・サンパウロは、商業都市である。

小売業よりも、もっと力を持っているのが卸売業。
市内中心部に、色々な商品の卸売り業者が集まっている地区がいくつもある。

ブラスBrasは、中心部の東にあって、衣料関係の卸売り業者が何百軒も集まっている。
とても広いので、歩いて回るのは大変なところである。
目的の店をあらかじめ調べていて、その近くに駐車しないと、
とんでもない距離を歩かなくてはならない。
それに、場所によっては危険な香りが濃厚なところがある。
素人さんは、
ブラスは諦めて、
もう一つの衣料品の卸売業地域のボン・レチーロに行った方がはるかに
地域が狭いので歩きやすいだ。
ボン・レチーロも、決して安全なところではないので、
出来れば行かない方がよいだろう。

どちらも、
とても安い店がある。

もっともそういった店で売っている商品は、
質がとても悪いか、
とても身につける気にならないような
デザインのものが多い。

どちらかというと、
アシェーな人やフォフォーな人が着るようなものだからである。

ここブラスでは、
卸売りしかやっていない業者もあれば、
小売りもやっている業者がある。

サンパウロ州内だけでなく、
かなり遠くの州からも、
買い付けにやってくる人でごった返している。

卸専業店は、
土曜日には、休む店が多い。

そんなブラスの店のショーウィンドウに飾ってあった「春」もの。
字が読めなければ、春以外でも身につけることは頓着しないだろう。
Spd20070818d

サンパウロの衣料の世界では、
もともとユダヤ人やアルメニア人が力を持っていたのだが、
今や韓国人の力が強大である。

ブラスは、中心部なので、地名などはもう100年以上に
付けられたはずだとおもうのだが、
「大韓民国広場」というところがある。
名前を変えさせたのだろう。
もっとも、手元の資料では、
1987年にはすでに大韓民国広場となっていた。
Spd20070818c

ハングルで書かれた石碑が立っている。
Spd20070818b

Spd20070818a

この地区のフェイラ(=青空市)では、
店の人が、片言のハングルを話してくる。
野菜や魚も、充実している。

紹介してみたが、
あまり行かないほうがいい地区である。

|

« ブラジルの「薬事法違反」の女性リーダー。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その80 Parque Estadual das Fontes do Ipiranga 3 植物園の動物。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16638929

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「春」2007 その5 春物衣料。:

« ブラジルの「薬事法違反」の女性リーダー。 | Main | ブラジル・サンパウロの公園 その80 Parque Estadual das Fontes do Ipiranga 3 植物園の動物。 »