« サッカー・ワールドカップ2010年・南米予選 その1 第1・2節終了。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その36 新たな伝説を作った。 »

quinta-feira, 18 de outubro de 2007

ブラジルのカラジャス鉄道が、「土地無き農民運動」によって運行停止。

「土地無き農民運動」Movimento dos Trabalhadores Rurais Sem Terra (MST)に関係する約5千人が、10月17日(水)の朝から、パラ州東南部のカラジャス鉱山鉄道を占拠している。
この鉄道は、世界最大の露天掘り鉄鉱石鉱山のカラジャスCarajásからの、鉄鉱石の積み出しのための唯一のアクセス手段である。
「20071017encimadahora-Carajas-MST.wmv」をダウンロード

ブラジルの国全体の農地改革を目指す運動の一つとして、この妨害行為は行われている。

鉄道を管理しているリオ・ドセCompanhia Vale do Rio Doce (CVRD), は、この占拠についての声明を発表した。
リオ・ドセは、鉄道における列車輸送を停止している。

-----------------------------
声明の「翻訳」は長文なので、別の機会にしておくが、
この鉄道のストップが続くようなことになると、
影響は単にブラジルではなく、
世界の鉄鉱石の価格にも影響を与えることは必至である。

もちろん、
長期契約を結んでいる日本も例外ではない。

いまごろ、日本の製鉄会社や商社などの鉄鋼原料関係者は、
情報収集にあたっているはずである。

この「土地無き農民運動」はたちが悪い。
暗に、ブラジル大統領のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァの支持を得ていると思っているからである。

「土地無き農民」については、「詩を書かない詩人」が詩人ではないようなものだと思っているのだが。

|

« サッカー・ワールドカップ2010年・南米予選 その1 第1・2節終了。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その36 新たな伝説を作った。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16795535

Listed below are links to weblogs that reference ブラジルのカラジャス鉄道が、「土地無き農民運動」によって運行停止。:

« サッカー・ワールドカップ2010年・南米予選 その1 第1・2節終了。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その36 新たな伝説を作った。 »