« サッカー:ロマリオの日々 その34 ハードにトレーニング。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その70。 »

quarta-feira, 17 de outubro de 2007

ブラジル・サンパウロの「ピザひと切れの殺人」。

ブラジル・サンパウロ市は人口1000万人強。
そのサンパウロ市でおきた殺人件数が、世界のそれの1%にあたるという報道が先月末にあった。
もっとも、その統計年度は、数年前のものであった。

このところかなり治安が回復したように思えるサンパウロで、
深夜のセントロでも、かなり人が集まるところが出来ている。

しかし、2-3日前に、
些細なことが原因で、殺人事件が起きた。

サンパウロ市の歴史的中心部セントロの東側にあるドン・ペドロ1世広場。
ここにあるバスターミナルは、市内東部、北部、東南部へのバスが発着する大きなものである。
サンパウロのバスは、24時間営業ではないが、路線によっては、
早朝4時頃から、深夜2時前まで運行している。

このバスターミナルにある軽食スタンドに、深夜、3人の若者が訪れた。
そして、ひと切れ1レアル(=約66円)のピザを食べた。
Spd20071015c

だが、持ち合わせが60センターヴォと、40センターヴォ足りなかった。

店員にまけてくれといったが、受け入れて貰えなかった。
店員も雇われているのであるから、
勝手に安くするわけにはいかないのは当然である。

喧嘩になり、もみ合いになった。
そして、若者が、店員を刺した。
店員は死んだ。
Spd20071015b

女性1人を含む3人の若者は逮捕された。
警察は、Punkの仕業だという。
女性が最年長。
すべて18歳以上であったので、顔が出てきた。
Spd20071015d
Spd20071015e
Spd20071015f

未亡人。
Spd20071015g

このところ、こういう若者の喧嘩の末の犯罪が多く発生しているという。

----------------------------
この種の犯罪は、貧しいというよりも、若さによるもの。

若者が多く集まるところで、よく起きるもので、
中間層そして、富裕層の若者どうしてもよく起きる。
若者は、抑えが効かないので、暴走する。
若者が集まるところへは、近ずかない方がよい。

今に始まったことではなく昔から、よく起きていたように思う。

バス料金は、2.3レアル。
バス代よりも、ピザ一切れのほうが安いのである。

----------------------------
サンパウロ市の殺人は、
多く周縁部での低収入層の住む地域で、
麻薬に絡むものが多いといわれている。

と言っても、安全だという地域もない。

|

« サッカー:ロマリオの日々 その34 ハードにトレーニング。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その70。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「ピザひと切れの殺人」。:

« サッカー:ロマリオの日々 その34 ハードにトレーニング。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その70。 »