« ブラジルのVarigの機体デザインが変わった。 | Main | ブラジル・サッカー:2007 その95 FWルイゾンがまたケガ。  »

sábado, 27 de outubro de 2007

サッカー:ロマリオの日々 その43 ロマリオは語る。

10月26日(金)の、サン・ジャヌアリオSão Januárioでの、ヴァルヂール・エスピノーザValdir Espinosa監督による最初の試合形式の練習のあと、ロマリオRomárioはヴァスコ・ダ・ガマへヴァルヂール・エスピノーザ監督がやってきたことを分析した。

ロマリオBaixinhoは、ヴァルヂール・エスピノーザ監督は、とても長い期間に得たサッカーについての彼の経験でヴァスコ・ダ・ガマを救うことが出来ると、信じている。

「ヴァルヂール・エスピノーザ監督が来たことはヴァスコ・ダ・ガマにとって良いことだと思っている。 彼は面の皮が厚い、良いセンスをしている、多くの経験を持っている、すでに世界チャンピオンにもなった。 そのほかにも、いつも多くの良い会話をしてきた」と言った。

ロマリオRomárioは、この水曜日(10月24日)に、南米杯Copa Sul-Americana.での対アメリカAmérica-MEX戦でチームを指揮した経験についてコメントした。

「短い経験だったが、とても良かった。 サッカーに秘密はない」と言った。

ロマリオは、日曜日にサン・ジャヌアリオSão Januárioで行われる対パルメイラスPalmeiras戦にチームに入りたいと明言した。
しかし、ヴァルヂール・エスピノーザ監督の決定に従う。

「監督が望めば、入る」と締めた。

-----------------------------
出場するかどうかはともかく、
このところ、ロマリオの映像や音声が増えたのはよいことだ。

|

« ブラジルのVarigの機体デザインが変わった。 | Main | ブラジル・サッカー:2007 その95 FWルイゾンがまたケガ。  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオの日々 その43 ロマリオは語る。:

« ブラジルのVarigの機体デザインが変わった。 | Main | ブラジル・サッカー:2007 その95 FWルイゾンがまたケガ。  »