« サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その6 グランジャ・コマリーでの合宿開始。 | Main | ブラジルの「プレイボーイ」誌 その4 国会では2時間で40冊売れた。 »

terça-feira, 9 de outubro de 2007

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その7 「予選は戦争」だと、ドゥンガ代表監督は言った。

ドゥンガDunga代表監督は、ワールドカップCopa do Mundoの予選でブラジル代表seleção brasileira監督としての最初の経験をする。

ドゥンガ代表監督は南アフリカでÁfrica do Sulのワールドカップへの出場権を求めての対戦を、一つの言葉で定義づけた。

「括弧入りの戦争である。 ブラジルBrasilは、予選の最初の2試合をいい結果で始めて、最終的に出場権を勝ち取る必要がある。 この2試合でいい結果を出す必要がある」と、ドゥンガDunga代表監督は明言した。

選手として、ドゥンガ代表監督は予選で10試合に出場している。
ドゥンガDunga代表監督は、7勝3引き分けであった。

「いい経験である。 しかし選手としてであった。 今は監督として戦う。 全く違う。 監督として、その結果を繰り返せれば最高である。 それぞれの予選は一つの歴史である。 準備しなくてはならない。 これらの試合でおきてくる全ての困難を超える能力は持っている」と、ドゥンガDunga代表監督は明言した。

-------------------------
強豪しかいない南米予選は、ブラジル代表といえども、どの試合も全く気を抜くことが出来ない。
総当たりで、ホーム・アウェー戦を戦う長丁場の予選である。

|

« サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その6 グランジャ・コマリーでの合宿開始。 | Main | ブラジルの「プレイボーイ」誌 その4 国会では2時間で40冊売れた。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その7 「予選は戦争」だと、ドゥンガ代表監督は言った。:

« サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その6 グランジャ・コマリーでの合宿開始。 | Main | ブラジルの「プレイボーイ」誌 その4 国会では2時間で40冊売れた。 »