« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その65。 | Main | ブラジル・サンパウロF1 その1 ルイス・ハミルトンがアイルトン・セナの墓参り。 »

sexta-feira, 12 de outubro de 2007

ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その98 【蔵出し】カルナヴァル。

ブラジルで大人気の日系人タレントのサブリナ・サトウ
Spd20070826a

サブリナ・サトウは、rede TV!局が毎週日曜日20時頃から約2時間放送している、ブラジルで最も下品な馬鹿番組panico na TVにレギュラー出演している。

この番組の企画で、今まで考えられないくらい数々ハードな(そして時には馬鹿馬鹿しい)チャレンジをさせられてきたサブリナ・サトウである。

いつもチャレンジものを紹介しているので、そればかりと思われるかもしれないが、実際チャレンジものの回は減っている。
サブリナ・サトウが偉くなって、断るようになったというよりも、番組自体のネタ枯れが原因だと思う。

チャレンジものは、映像を見てもらえば、そのばかばかしさが誰にでも一目瞭然なのだが、そのほかの場合には、サブリナ・サトウの言葉や前後の流れを理解しないと、全くそのおもしろさが分からないので、ほとんど紹介していないのである。

お笑い番組なので、元々ある何かを笑い飛ばしていることが多く、その元ネタが分からない人には、何がおかしいのもわからないというのは、世界中どこでもそうだと思う。

サブリナ・サトウが、セレブのパーティーの会場に行って、招待客にインタビューする時もあるのだが、これなんか全く面白いとは思われないはずだ。
その招待客が、どんな人なのかも知っていると、おもしろさも倍増である。

グチャグチャと書いたが、
見れば分かる「在庫ネタ」がある。

かなり古いが、2月のカルナヴァルの時の番組である。
Spd20070218sh

サブリナ・サトウ以下番組の女性陣が、カルナヴァルの衣装で目を楽しませてくれた。
Spd20070218sa

Spd20070218sb

でもこのときのサブリナ・サトウのコーナーは、
この衣装で、ガヴィオンエス・ダ・フィエウのバンダ隊を連れて、
何件かのアパートを訪問する内容だった。
チャレンジでもなんでもない。

この時のサブリナ・サトウは、スタジオには超ミニの衣装で現れて、サンバを踊っていた。
Spd20070218sd

Spd20070218sf

Spd20070218sg

ブラジルなので、どうしてもお尻のカットは必要である。
Spd20070218se

こういうのは、
悪くはないが、オチはない。
「20070218paniconaTV-SabrinaSato-Samba.wmv」をダウンロード

さらに、サブリナ・サトウは、
ガヴィオンエス・ダ・フィエウのデスタッキとして、
サンパウロのカルナヴァルに出場
したのだが、
そのガヴィオンエス・ダ・フィエウの今年のエンヘード(=テーマ曲)を
覚えているかと聞かれて、歌ってみせている。
サブリナ・サトウが歌手には向いていないことがよくわかる。
「20070218SabrinaSato-enredo.wmv」をダウンロード

-----------------------------
翌週は、
カルナヴァルはすでに終わっていたのだが、
カルナヴァルのアレゴリア(=山車)に乗って、スピード競争をした。
Spd20070225sa

Spd20070225sb

Spd20070225sc

Spd20070225sd

これは、4回だけおこなわれた競争シリーズの第1回目だった。
第2回目は、霊柩車競争
第3回目は、簡易トイレ競争
第4回目は、竹馬競争だった。

このアレゴリア競争は、あっという間に終わったし、見せ場もなかったので紹介しなかった。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その65。 | Main | ブラジル・サンパウロF1 その1 ルイス・ハミルトンがアイルトン・セナの墓参り。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの「サブリナ・サトウ」 その98 【蔵出し】カルナヴァル。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その65。 | Main | ブラジル・サンパウロF1 その1 ルイス・ハミルトンがアイルトン・セナの墓参り。 »