« ブラジル・サンパウロの公園 その80 Parque Estadual das Fontes do Ipiranga 3 植物園の動物。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その102 ネルシーニョ・バチスタ監督は、サンパウロを離れないと言った。 »

terça-feira, 2 de outubro de 2007

ブラジル・サッカー:2007 その91 息子を外されて、監督の肋骨を折った父親。 

パルメイラスPalmeirasの社長は、ファン組織の影響力あるメンバーのパうロ・セルダンPaulo Serdanを、パルメイラスVerdãoのU-14チームの監督のマルシオ・ヴィセンチMárcio Vicenteを襲ったことで、訴えた。

襲撃の理由は、パウロ・セルダンの息子のカイッキKaiqueが、バイシャーダ・サンチスタBaixada Santista(=サントスを含む周辺地域)ので9月29日土曜日に行われた
サントスSantosとの試合から外されたことである。

カイッキは、前半に早くも交替となった。
試合の間、パウロ・セルダンは監督を脅かしていた。
パルメイラスPalmeirasは、この「クラシコ」で3対0で負けた。
試合が終わって、パウロ・セルダンはグラウンドに侵入し、マルシオ・ヴィセンチ監督を拳骨で殴り、背中を2回蹴った。

マルシオ・ヴィセンチMárcio Vicente監督は、サントスSantosで検査を受けた。
医者は、肋骨に2箇所ひびが入っているのを発見した。
マルシオ・ヴィセンチ監督は、月曜日に退院した。

「攻撃した。 また攻撃したい。 しかし70%はあの子供の父親として攻撃したんだ。 みんな青の監督の具備を欲しがっていた。 彼は子供達の心を傷つけた」と、パウロ・セルダンPaulo Serdanは説明した。

パルメイラスPalmeirasのジュニア部門の役員によると、パウロ・セルダンPaulo Serdanはいつも自分の子供の試合を見に来ている。
ファン組織を率いている彼は、すでにライバルのファンとの喧嘩や、はてはパルメイラスの別のファン組織との喧嘩で逮捕されている。

パルメイラスのクラブ会員として、パウロ・セルダンは罰せられるだろう。

パルメイラスPalmeirasは、10月2日(火)に、パウロ・セルダンPaulo Serdanがマルシオ・ヴィセンチMárcio Vicente監督を攻撃したことについての離縁状を発表した。
サッカー担当副社長のジウベルト・シプロGilberto Cipulloの署名で、卑怯なこととして行為を非難している。

パルメイラスは、カイッキ・セルダンKaique Serdan選手は引き続きパルメイラスのユニフォームを着て、派rめいらすにいる限りは、その父親が攻撃したことには、影響されないと、発表した。

----------------------------
どこでもいそうな父親の話である。

映像がないのが残念である。

14歳にもなると、息子の将来が見えてくる。
数年以内に、数十万米ドルで売れるのか、普通の人になるのかでは、
天と地の差である。
蹴りですむ問題ではない。

|

« ブラジル・サンパウロの公園 その80 Parque Estadual das Fontes do Ipiranga 3 植物園の動物。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その102 ネルシーニョ・バチスタ監督は、サンパウロを離れないと言った。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16647283

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007 その91 息子を外されて、監督の肋骨を折った父親。 :

« ブラジル・サンパウロの公園 その80 Parque Estadual das Fontes do Ipiranga 3 植物園の動物。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その102 ネルシーニョ・バチスタ監督は、サンパウロを離れないと言った。 »