« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その77。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その118 第33節コリンチャンス対フィグェイレンセ戦。 »

sábado, 27 de outubro de 2007

ブラジル・サンパウロは「春」2007 その9 夏らしくなってきた。

ブラジル・サンパウロは、10月21日(日)から、毎日雨が降っていた。
特に、24日(水)と25日(木)は、ずっと雨が降り続いていた。
それも、サンパウロでは珍しいシトシトとした雨で、気温も低かった。

26日(金)は、朝は雲が薄くかかっていたが、
時間がたつに連れて、気温は高くなり、薄日も差した。
しかし、夜にはまたシトシトとした雨が降った。

27日(土)は、朝から晴れ渡った。
昼頃には、太陽の光が痛いくらいに肌を刺した。
気温は、30度くらいにまで上がった。

でも、15時頃には再び曇り、そしてにわか雨。
すぐに止んだ。

雨上がりの蒸し暑い中を、パカエンブー競技場に向かった。
28日(日)17時からのブラジル選手権第33節のコリンチャンス対フィグェイレンセ戦のチケットを買いに行ったのだ。
12時頃には割と列が出来ていたのだが、
16時過ぎには列はなかった。
Spd20071027c

パカエンブー競技場の東の方も、
そのパカエンブー競技場の前のシャルレス・ミラー広場の北側にも青い空が広がっていた。
Spd20071027g

Spd20071027e

だが、
また17時半には、雷雨が降り始めた。

20時には、気温は20度に下がり、寒くなった。

どうもやっと長かった乾期は完全に終わったようである。
死んだようになっていた草木も一斉に芽を出し、花を咲かせてきた。

こういう雷雨が毎日のように続くのが、サンパウロの「夏」である。
暦の上での、サンパウロの夏は12月末からである。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その77。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その118 第33節コリンチャンス対フィグェイレンセ戦。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/16896703

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「春」2007 その9 夏らしくなってきた。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その77。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その118 第33節コリンチャンス対フィグェイレンセ戦。 »