« サッカー:ロマリオの日々 その36 新たな伝説を作った。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その71。 »

quinta-feira, 18 de outubro de 2007

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その15 ロナウヂーニョはインタビュー無し。

ロナウヂーニョ・ガウーショRonaldinho Gaúchoは、10月17日(水)に対エクアドルEquador戦で5対0で大勝利したあと、木曜日の未明に記者会見をすること無しにマラカナMaracanã競技場を去った。

ロナウヂーニョ・ガウーショは、ジウベルトGilberto共に、ドーピング検査を受けることになり、ロッカールームを去るのが遅くなった。
記者達はロナウヂーニョ・ガウーショを待っていたが、とても長い時間待ったあとに広報担当者がロナウヂーニョ・ガウーショはすでに競技場を去ったと明言した。

ロナウヂーニョ・ガウーショは、半ば「望まない」"sem querer"でブラジル代表の2つ目のゴールを決めた。
カカKakáがPエリア外からシュートしたあとに、ボールはロナウヂーニョ・ガウーショに当たり、エクアドルのGKを見誤らせた。

-----------------------------
ロナウヂーニョ・ガウーショを逃した記者の言い訳のような報道である。

試合後に、プレスルームでの正式な記者会見に応じたのは、ドゥンガ代表監督だけである。

あとの選手は、ロッカールームをでて、
記者達が立って待っているミックス・スペースを通って、
そこで呼び止められると、インタビューに応じた。

そして、ブラジルサッカー協会の個室に顔を出した。
その後、それぞれの次の行き先に向かった。

そのまま欧州に向かったり、家に戻ったりしたわけである。

カカの場合は、
ブラジルサッカー協会の個室にちょっとだけいて、
深夜の便でサンパウロに帰り、
そして、木曜日の便でミランへ戻り、日曜日にミランの試合に出場すると、
本人が言っていた。

|

« サッカー:ロマリオの日々 その36 新たな伝説を作った。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その71。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その15 ロナウヂーニョはインタビュー無し。:

« サッカー:ロマリオの日々 その36 新たな伝説を作った。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その71。 »