« ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その10 平日の競技場8。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その88。 »

sexta-feira, 9 de novembro de 2007

ブラジル・サンパウロの公園 その86 Parque Villa-Lobos  1 概要。

ブラジル・サンパウロ市域内にある公園を紹介している。

公園は、2006年にサンパウロ市の環境緑地局が発行した「緑の地図」に掲載されたものである。
すでに、市営公園の紹介を終えたので、州営の公園を紹介している。

----------------------------
ヴィラ・ロボス公園Parque Villa-Lobosは、サンパウロSão Paulo市中心部から西約10キロの、ピニェイロス川Rio Pimheiros沿いのジャグアレJaguaré橋の近くに位置している。

ヴィラ・ロボス公園Parque Villa-Lobosには、サイクリング・コース、ジョッギング・コース、環境教育センターCentro de Educação Ambiental、、450席の屋外劇場、複合コート、サッカー場4面、テニス・コート7面、遊び場、体育施設、キオスク、レンタ・サイクルなど、色々な設備がいっぱいである。
特に、スポーツ施設に関しては充実している。

ヴィラ・ロボス公園parque Villa-Lobosは、1994年に開園した。

面積は、732、000平方メートル。

入り口は、プロフェッソール・フォンセッカ・ロドリグェス大通りAv. prof.º Fonseca Rodriguesに面している。

※クリックすると拡大する。

駐車場は750台のスペースがある。

この公園では、サンパウロ国際テニス・オープン・トーナメントtorneio internacional Aberto de São Paulo de Tênisが開催される。

平日は約3千人、そして週末には25千人がこの公園を訪れる。

ちなみに、この公園名称のヴィラ・ロボスは、
ブラジルが生んだ現代クラシックの作曲家の名前から来ている。
1987年に生誕100年を迎えていた。

園内に、このヴィラ・ロボスにちなんだものがある。

-----------------------------
この公園についての公式サイト
内容は、平凡。

------------------------------
サンパウロ市中心部から、このヴィラ・ロボス公園へのアプローチは、次の通り。

色々な方法が考えられるのだが、裏道を何度も曲がるコースは間違いの元なので、大きな道を通るコースと紹介しておく。

コンソラソン通りを郊外に向かう。
パウリスタ大通りとの交差を過ぎたところで右に曲がりドトール・アルナウド大通りにはいる。
道なりに進み、次にセホ・コラー通りにはいる。
セホ・コーラ通りは、ラッパ墓地のところで、クェイロス・フィーリョ大通りとなる。
そして、プロフェッソール・フォンセッカ・ロドリグェス大通りにはいるというものである。

プロフェッソール・フォンセッカ・ロドリグェス大通りに沿って、公園の駐車場があるが、一番東側の駐車場を利用することをお勧めする。
というのは、広いこともあるが、警備員が監視しているのでより安全であるからである。
他の2つは、プロフェッソール・フォンセッカ・ロドリグェス大通りに面していることもあるし、フラネリーニャが出現するからである。

したがって、入り口も一番東側を使うことになる。

帰路は、
上記の駐車場を出て右折しプロフェッソール・フォンセッカ・ロドリグェス大通りを東に向かうことにする。
パン・アメリカン広場を過ぎると、名称はペドローゾ・ヂ・モラエス大通りと名称を変える。
更に行くと、ブリガデイロ・ファリア・リマ大通り方向との分岐があるが、そのままペドローゾ・ヂ・モラエス大通りを行く。

ペドローゾ・ヂ・モラエス大通りは、そのまま行くとレボーサス大通りに突き当たり、そこを左折して、真っ直ぐ行くとセントロに着くがこれはお勧めしない。
レボーサス大通りとブラジル大通りの交差点は信号待ちが長く、休日でも渋滞する。
その先の、オスカー・フレイレ通りとの交差点も信号待ちが長いからである。

お勧めは、ペドローゾ・ヂ・モラエス大通りから、テオドロ・サンパイオ通りに入り、そのままドトール・アルナウド大通りまで登り切ることである。
意外と、こちらの方が早い。
Spd20071105pvlb

ヴィラ・ロボス公園の南東側は、アルト・ヂ・ピニェイロス地区で、サンパウロ市内でも屈指の高級住宅街である。
ほとんどが、一戸建て住宅専用街となっている。

高台から見ると、緑の中に、一戸建てのお屋敷が点在しているかのように見える。

ここも商業施設の設置が厳しく制限されており、パン・アメリカン広場の周辺の他、ピオ11世通りやナザレ・パウリスタ通りの一部などにわずかにパン屋などがあるくらいである。

この地区に住むと、スーパーはもちろん、パンも新聞も、車がないと買いに行けないところである。

また、高級住宅街なのだが、ピニェイロス川沿いは、風向きによっては、ものすごい悪臭が漂ってくる。
川から数百メートルの住宅では、それが問題である。

現サンパウロ州知事のジョゼ・セッハの私邸は、このアルト・ヂ・ピニェイロス地区にある。
Spd20071105pvla

|

« ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その10 平日の競技場8。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その88。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの公園 その86 Parque Villa-Lobos  1 概要。:

« ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その10 平日の競技場8。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その88。 »