« ブラジル・サッカー:2007オフ その14 ルイゾンはコリンチャンスでのトレーニングを延期。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その60 拙宅に来る鳥30。 »

domingo, 25 de novembro de 2007

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その103。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

パウリスタ大通りとコンソラソン通りが交差するところに、リヴェイラ・バーがあった。

リヴィエラ・バーがあるビルは、大きなビルで、
上階はアパートになっている。

パウリスタ大通りに面したアパートの入り口付近は、改修をしている。

リヴィエラ・バーの入り口は、
コンソラソン大通りに面していた。

そのかつての入り口の横にもグラフィッチ(壁絵)が描かれている。

この2つの絵のどちらも、市内では時々見かける絵である。
Spd20071019cd

注目は、
左側の手のグラフィッチ(壁絵)であるが、
この作者は、いつもこのような絵を描いている。
いつも指が5本ではない。(横から出ているのを指とみた場合だが)
だいたい大作が多い作家である。

|

« ブラジル・サッカー:2007オフ その14 ルイゾンはコリンチャンスでのトレーニングを延期。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その60 拙宅に来る鳥30。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その103。:

« ブラジル・サッカー:2007オフ その14 ルイゾンはコリンチャンスでのトレーニングを延期。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その60 拙宅に来る鳥30。 »