« ブラジル・サンパウロのナタウ2007 その3 パウリスタ大通りの銀行の支店。 | Main | ブラジル・サンパウロの「持続可能な地球展」 その1。 »

segunda-feira, 26 de novembro de 2007

ブラジル・サンパウロの「黒人覚醒の日のパレード」。

11月20日(火)は、ブラジルは「黒人覚醒の日」。
休日のところもあるし、そうではないところもある。

サンパウロ市は休日だった。

市内各所で、色々な行事が行われた。

例年行われているのが、パレード。
昼頃に、パウリスタ大通りのMASP前に集合し、16時頃にレパブリカ広場に向かって移動し始める。
Spd20071120s

12時過ぎに、MASP前を通りすぎた時には、まだそれほど人も集まってはいなかったようにみえた。

17時頃、
カイオ・プラド通りから、コンソラソン大通りを越えて、マリア・アントーニア通りに向かっていた。
コンソラソン大通りを越える時に、ちょうどパレードの一行が近づいてくる時で、
警察の規制が始まるところだった。

おそらく、コンソラソン大通りを越えることが出来た最後だったと思う。

さっそく、マリア・アントーニア通りに車を止めて、パレードを見に行った。
Spd20071120k

先頭に横断幕がある。
「第4回黒人覚醒パレード」。
見たことがあるヤツがいる。
Spd20071120l

あの「ビン・ラディン調」である。
いつものスタイルは崩してはいない。
なんで、横断幕を持っているんだ。
Spd20071120m

ただの、コリンチャンスのファンではなかったようだ。
こういうところで、彼に会うとは思わなかった。
Spd20071120n

大音響を轟かせる車がやってきた。
Spd20071120o

参加者の少女。
Spd20071120q

参加者は、まず黒人。
白人はほとんどいなかった。
混血でも、色の濃い方の人が多かった。
もちろん、日系人もいない。
見ているのも、自分だけだ。
Spd20071120r

大音響の車が通りすぎる。
Spd20071120t

また、別の一団がやってくる。
Spd20071120u

Spd20071120v

カラフルに飾った一家。
いい顔をしている。
Spd20071120w

段々と、何故か感動してきていた。
Spd20071120x

Spd20071120y

Spd20071120z

ゲイパレードではこんな事は感じない。

こういったことが行われることが出来るようになったことはとても良いことだ。

本当は、胸がいっぱいになっていた。

ゲイパレードよりはるかにスケールは小さいけど、
何か誇らしげだ。
Spd20071120za

Spd20071120zb

Spd20071120zc

Spd20071120zd

参加者も、ちゃんとポーズととってくれた。
Spd20071120ze

パレードは、時々止まりゆっくりと進む。
Spd20071120zf

こういうことにきちんと目を向けるようになったブラジルは本当によい国だ。
Spd20071120zg

|

« ブラジル・サンパウロのナタウ2007 その3 パウリスタ大通りの銀行の支店。 | Main | ブラジル・サンパウロの「持続可能な地球展」 その1。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17192357

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロの「黒人覚醒の日のパレード」。:

« ブラジル・サンパウロのナタウ2007 その3 パウリスタ大通りの銀行の支店。 | Main | ブラジル・サンパウロの「持続可能な地球展」 その1。 »