« ブラジル・サンパウロの小鳥 その54 拙宅に来る鳥24。 | Main | ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その21 平日の競技場19。 »

segunda-feira, 19 de novembro de 2007

サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その24 ペルー戦後のドゥンガ代表監督のインタビュー。

ドゥンガDunga代表監督は、リマLimaのモニュメンタル競技場Estádio Monumentalでのインタビューで、ペルーPeru戦でのブラジル代表seleção brasileiraの動きを素早く分析した。

ドゥンガ代表監督は結果は正当だったと思っている。
ブラジル人およびペルー人記者の質問には深く答えなかった。


ブラジルへの評価:
ブラジルへの評価はまだ今するべきではない。 まだ試合の雰囲気だ。 あとでする。 一般的に、ポジショニングで幾つかミスがあり、ボールを持ちすぎたと思っている。

結果の正当性:
サッカーは正当と仮装ではないとかの交渉ではない。 どちらがゴールをしたかである。 ゴールをする機会はあった。 試合終了時にもボールがポストに当たった。 でも結果は正しい。

DFの動き:
守備はサッカーの一部である。
ボールを持っている時には、チームは攻撃する。 持っていない時には守らなくてはならない。
我々のDFの質は、世界中が知っていることである。

ペルー代表:
自分にとっては驚きではない。 ペルー選手の質は知っている。 かっらの多くは欧州でプレイしている。 リマLimaでの試合はいつも難しい。 今回も何も違いはなかった。 ブラジルBrasil戦でプレイしたように他ともプレイするならば、彼らは大きな未来があるだろう。

ヴァルネル・ロヴィVágner Love対ルイス・ファビアーノLuís Fabiano:
ヴァグネル・ロヴィVágner Loveはよく動く選手である。 ルイス・ファビアーノLuís Fabianoはどちらかというとペナルティー・エリア内にいて戦う。 ペルーの守備は肉体的な戦いが目立っていたので、交替させた。

----------------------------
ブラジル代表の選手達は、
試合後1時間で、帰国のためにバスで空港に向かった。

監督は代表質問に答えた。
選手達は、ミックス・コーナーで立って、答えただけである。

選手達は、11月19日(月)朝には、サンパウロに予定より2時間遅れて到着した。

16時半過ぎからは、試合に出場しなかった選手達はトレーニングを行った。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その54 拙宅に来る鳥24。 | Main | ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その21 平日の競技場19。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17126498

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル代表 2010年W杯南米予選 その24 ペルー戦後のドゥンガ代表監督のインタビュー。:

» ペルー代表バルガス、ブラジルを止める [サッカーワールドカップニュース]
11月19日11時51分配信 スポーツナビhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071119-00000015-spnavi-soccより 2010年W杯南米予選、ペルー対ブラジル戦は1-1の引き分けに終わった。セレソンはモヌメンタルで足を止められてしまった。序盤は拮抗した展開だったが、前半40分にはミランのカカが見事なゴールを決めてブラジルが先制。ペナルティーエリア外からのシュートで、ペルー守備陣の意表を突いた。 後半は、そのままブラジルが...... [Read More]

Tracked on terça-feira, 20 de novembro de 2007 at 16:58

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その54 拙宅に来る鳥24。 | Main | ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その21 平日の競技場19。 »