« ブラジル・サンパウロの小鳥 その40 拙宅に来る鳥10。 | Main | サッカー:ニウマールの行方 その37 先発出場。 »

terça-feira, 6 de novembro de 2007

サッカー・ブラジル選手権2007 その126 コリンチャンス対ヴァスコ・ダ・ガマ戦は、パカエンブー競技場で開催。

コリンチャンスは、サンパウロ市役所と会議をおこない、このブラジル選手権Campeonato Brasileiroの主催試合の最後までパカエンブーPacaembu競技場で行うことことになった。

11月25日に行われる対ヴァスコ・ダ・ガマ戦は、コリンチャンスにとって、2008年にセリエBに降格することから、逃げるための決定的な試合である。

「スポ-ツ局と日曜日に合意した。 パカエンブーPacaembu競技場の改装工事は、26日に始まると、コリンチャンス Corinthiansの副社長のアントイニ・ジェブランAntoine Gebranは言った。

合意は、サンパウロ市のスポーツ局長のワルテル・フェルヂマンWalter Feldmanとの間でなされた。
先週の会議で、この要求は社長のアンドレス・サンシェスから出ていた。
アンドレス・サンシェスAndrés Sanchesは、最終局面でファンの後押しは基本的なことだと思っている。

パカエンブーPacaembu競技場は芝生の張り替えとトイレの設置を行う。
当初、改装工事は10月15日に始まることになっていた。
それで、コリンチャンスCorinthiansは主催試合の最後の3試合の試合をパカエンブー競技場で行えないことになるはずであった。

フィグェイレンセFigueirense戦アツレチコ・パラナエンセAtlético-PR戦、そしてヴァスコ・ダ・ガマ戦であった。

最初の2試合は、工事の開始が遅れたことで、パカエンブー競技場で行うことが出来た。
改装工事の期間からみると、ヴァスコ・ダ・ガマ戦は難しいところにあった。
市当局は、工事を終わらせて、1月25日に行われるサンパウロ杯ジュニアCopa São Paulo de Junioresの決勝戦をパカエンブーPacaembu競技場で行いたがっている。

------------------------------
結局、コリンチャンスの主催試合の今年の最後の試合となるヴァスコ・ダ・ガマ戦まで、パカエンブー競技場で行われることになった。
つまり、試合を見に行くことになったわけである。

ヴァスコ・ダ・ガマ戦は、ブラジル選手権の最終節の第38節の試合ではなくて、第37節の試合である。

もちろん、この試合にロマリオが出場することはないはずである。
ロマリオは、ヴァスコ・ダ・ガマがリオ・デ・ジャネイロで行う試合にしか出場しない。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その40 拙宅に来る鳥10。 | Main | サッカー:ニウマールの行方 その37 先発出場。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2007 その126 コリンチャンス対ヴァスコ・ダ・ガマ戦は、パカエンブー競技場で開催。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その40 拙宅に来る鳥10。 | Main | サッカー:ニウマールの行方 その37 先発出場。 »