« ブラジル・サンパウロのイジェノポリスの午後 その1 子供。 | Main | ブラジルは「死者の日」。 »

sexta-feira, 2 de novembro de 2007

ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その3 平日の競技場1。

ブラジル・サンパウロ市の中心部に位置するパカエンブー競技場

1940年代中期に住宅開発されたパカエンブー地区のシンボルとして建設された。
市に寄付され現在も市営である。

サッカー場だけがあるイメージが強いが、実は複合スポーツ施設である。

1950年開催のサッカーのワールド・カップの会場にもなっているし、1963年開催のパン・アメリカン大会の会場にもなっている。

すでに、歴史的な文化財に指定されていて、外観の変更は出来ない。

コリンチャンスの事実上のホームとして使われているのだが、
その試合のない日のパカエンブー競技場はとても静かである。

パカエンブー競技場の北側に広がるシャルレス・ミラー広場、
シャルレス・ミラーとは、ブラジルに最初にサッカーを伝えたという英国人の名前チャールズ・ミラーから来ているのである。
北側の観客席の最上段からの眺めである。
Spd20070423ca

そのシャルレス・ミラー広場の先、パカエンブーの谷は北へ抜けている。
山並みは、サンパウロ市の北側の境を東西に走るカンタレーラ山脈。
Spd20070423cb

|

« ブラジル・サンパウロのイジェノポリスの午後 その1 子供。 | Main | ブラジルは「死者の日」。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのパカエンブー競技場2007 その3 平日の競技場1。:

« ブラジル・サンパウロのイジェノポリスの午後 その1 子供。 | Main | ブラジルは「死者の日」。 »