« ブラジル・サッカー:2007オフ その15 レアンドロ・アマラルは契約の更新を否定した。 | Main | サッカー・ブラジル・オリンピック代表 その3 12月5日からトレーニング。 »

quinta-feira, 29 de novembro de 2007

ブラジル・サッカー:2007オフ その16 レアンドロ・アマラルは不快感を示した。

レアンドロ・アマラルLeandro Amaralは、ヴァスコ・ダ・ガマの一行がサントス・ドゥモンSantos Dumont空港に到着した時に、ヴァスコ・ダ・ガマがレアンドロ・アマラルとの契約の自動更新条項を使うとの情報は嬉しくないと明言した。
レアンドロ・アマラルによると、彼はブラジル選手権Campeonato Brasileiro2007が終了したあとに、社長のエウリコ・ミランダEurico Mirandaと話をする。

「こういうことでの更新は自分は嬉しくない。 本当に彼らが自動更新条項を実行すると、嬉しくない。 合意に達するようにエウリコ・ミランダEurico Miranda社長が自分と話をすることを望んでいる。 良いかたちでブラジル選手権を終わり、そのあとでもう長い話になっているこの件を解決する」とレアンドロ・アマラルLeandro Amaralは明言した。

レアンドロ・アマラルは2008年もヴァスコ・ダ・ガマに残ると認めた。
しかし時計を合わせ、サン・ジャヌアリオSão Januárioにいるために給与を改定することを望んでいる。

「ヴァスコ・ダ・ガマは更新の優先権がある。 契約についてそのオプションがある。 合意に達するようにしたい。 しかし自動更新条項にあるがどれくらい改訂されるのか分からない」と、レアンドロ・アマラルは明言した。

--------------------------------
「現在いるチームに残りたい」というのは、選手たちの言う常套句で、全く真実味はない。
ファンに、お金に目がくらんで出て行った守銭奴と言われたくないための言い方である。

いつかまた戻る時に、嫌われたくないから、言うだけである。

出て行くにしても、「自分は残りたかったのだが、自分や家族の将来を考えると、熟慮の上、移籍することにした。 十分な給与を支払わないクラブに責任がある」と言うための布石である。

|

« ブラジル・サッカー:2007オフ その15 レアンドロ・アマラルは契約の更新を否定した。 | Main | サッカー・ブラジル・オリンピック代表 その3 12月5日からトレーニング。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17230373

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007オフ その16 レアンドロ・アマラルは不快感を示した。:

« ブラジル・サッカー:2007オフ その15 レアンドロ・アマラルは契約の更新を否定した。 | Main | サッカー・ブラジル・オリンピック代表 その3 12月5日からトレーニング。 »