« ブラジル・サンパウロのナタウ2007 その2 イビラプエラ公園の巨大ツリーの工事進む。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その94。 »

sexta-feira, 16 de novembro de 2007

ブラジル・サンパウロのイジェノポリスの午後 その9 セグウェイ。

ブラジル・サンパウロの中心部に最も近い最高級アパート街のイジェノポリス地区。

1960年代から70年代にかけて建設されたアパートが多いので、設計は古いし、設備的には老朽化しているのは事実である。

だが、その時代の最高級アパートとして、天井は高く、部屋は広く、もちろん部屋数も多い。
住民も長く住み続けている人が多いので、高齢者がとても多い地区である。

住民のレベルは高く、
政治家やインテリ、芸能人も多く住んでいる、

サンパウロ市内で、唯一「歩ける街」といわれるほど、コンパクトで、安全なところである。

-----------------------------
正確にはイジェノポリス地区ではなくて、その隣のパカエンブー地区にあるFAAPという財団。

コーヒーで巨額の財をなした大富豪の資産を運用して、今は大学と美術館が主とした活動になっている。

そのFAAPの警備員は、敷地の周囲を回るのに、セグウェイを使っている。

大学と美術館の建物がある一角だけではなくて、
その区画全てが今はFAAPが買収済みである。
外周は、1キロ弱ははあるだろう。

かつてのお屋敷が数軒そのままになっているが、塀だけは緑に塗られて、統一を保っている。

FAAPとしては、これらの屋敷を壊して、新たにビルを建てて、大学を拡張したいらしいが、住民が反対している。
ほぼ現在の2倍の規模になり、学生が増えて、騒がしくなるからという理由だ。

この区画は東側が高くなっていて、歩くと結構疲れる。
そこを、セグウェイに乗った警備員がスイスイと回っている。
Spd20071103x

Spd20071103v

Spd20071103z

とても楽そうだ。

1人の警備員にきいたのだが、
慣れるのはとても簡単で、30分だと言っていた。
Spd20071009ce

操縦方法も教えてくれたが、乗せてはくれなかった。
当たり前だ。
Spd20071009cf

歩道と言えども、公道のはずなのだが、セグウェイはいいのかな。

|

« ブラジル・サンパウロのナタウ2007 その2 イビラプエラ公園の巨大ツリーの工事進む。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その94。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのイジェノポリスの午後 その9 セグウェイ。:

« ブラジル・サンパウロのナタウ2007 その2 イビラプエラ公園の巨大ツリーの工事進む。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その94。 »