« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その94。 | Main | ブラジル・サンパウロの「2007国際建築ビエナウ」 その2。 »

sexta-feira, 16 de novembro de 2007

ブラジル・サッカー:2007オフ その7 エーメルソン・レオン監督は留任らしい。

アツレチコ・ミネイロAtlético-MGの社長はすでにクラブ設立100年の年になる2008年のシーズンの計画を立て始めている。

社長の最初の行動の一つは、エーメルソン・レオンEmerson Leão監督を留任させることに違いない。
南米杯の出場権も確定していないので、来年戦うことになる選手権がなんなのかも分からないが、ジザ・ヴァラダレスZiza Valadares社長は来年の準備をしている。

「もう我々はサッカーの計画をしている。 セリエA、B、Cの試合を見ている人がいる。 先週、2人の人間が我々が求めている選手に会うために出張した。 選手権が近づいているので、我々は急がなくてならない。 輪rわれのスーパーバイザーがプレ・シーズンにすることをみに出張することになっている。来年の計画を完全なものにするために南米杯の出場権の確保に焦点を当てなくてはならない」と、社長は締めた。

ジザ・ヴァラダレス社長によると、エーメルソン・レオン監督は100周年の年のチームの監督に違いない。

「保証があって仕事をしているわけではない。 我々はエーメルソン・レオン監督が留任するために仕事をしている。 我々は彼の仕事に満足している。 何ヶ月か前にヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督と話をするに至った。 素晴らしい監督である。 アツレチコ・ミネイロAtlético-MGは彼を監督にすることが出来れば誇らしい。 しかし今は我々の監督エーメルソン・レオンを注視している」と明言した。

-------------------------------
エーメルソン・レオン監督より、
ヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督の方がいいと言っているようにしか聞こえない。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その94。 | Main | ブラジル・サンパウロの「2007国際建築ビエナウ」 その2。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17095795

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007オフ その7 エーメルソン・レオン監督は留任らしい。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その94。 | Main | ブラジル・サンパウロの「2007国際建築ビエナウ」 その2。 »