« ブラジル・サンパウロのジョアン・メンデス広場の女たち。 | Main | ブラジルの経済2007 その6 ブラジル通貨レアルの高騰一服。 »

quarta-feira, 28 de novembro de 2007

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その106。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

パウリスタ大通りとコンソラソン通りが交差地点は、ちょっと複雑な立体交差になっている。

パウリスタ大通りから、ドトール・アルナウド大通り方向とレボウサス大通り方向に行くには、コンソラソン大通りの下をくぐり、左方向にカーブしていくことになる。
左カーブが始まるところで、ドトール・アルナウド大通り方向とレボウサス大通り方向の道が分岐する。

このコンソラソン大通りの下をくぐるトンネル部分の壁に、2007年初めから「日本移民100周年」を記念するグラフィッチ(壁絵)が描かれている。

このグラフィッチ(壁絵)は、公認のグラフィッチ(壁絵)である。

このトンネル部分は、一般人が歩くには不適なところである。
だから、まず簡単に捉えられた部分のグラフィッチ(壁絵)だけを、紹介していく。
グラフィッチ(壁絵)の全貌については、そのうちに明らかにする。

--------------------------------
ここのグラフィッチ(壁絵)は、幅15メートルくらいから20メートルくらいの場所を1人の作家が担当している。
かなりの規模の絵になる。

日本に関する知識はあるような作品である。
Spd20070720cd

波の向こうに富士山がある構図などは、ネタ元がすぐに分かる。
右手の男性のやりを持ったような構えも渋い。
「愛」と「世界」がテーマとすると、ちょっと違う気がする。

左下の「ビニオ」とはなんだろうか。


女性の雰囲気だけが、そうかもしれないと思えるグラフィッチ(壁絵)。
ともかくも、作者にとっては日本なのだろう。
Spd20070720ci

|

« ブラジル・サンパウロのジョアン・メンデス広場の女たち。 | Main | ブラジルの経済2007 その6 ブラジル通貨レアルの高騰一服。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その106。:

« ブラジル・サンパウロのジョアン・メンデス広場の女たち。 | Main | ブラジルの経済2007 その6 ブラジル通貨レアルの高騰一服。 »