« サッカー・ブラジル選手権2007 その136 セリエB終了。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その103。 »

domingo, 25 de novembro de 2007

ブラジル・サッカー:2007オフ その14 ルイゾンはコリンチャンスでのトレーニングを延期。

ルイゾンLuizão32歳は、コリンチャンスCorinthiansで、左膝の手術からの回復トレーニングをする

しかし、ブラジル選手権Campeonato Brasileiroの終わりで、降格から逃れようとしているチームを混乱させないために、ルイゾンは12月3日(火)からコリンチャンスTimãoでトレーニングをすることを、友達で、社長のアンドレス・サンシェスAndrés Sanches,と合意した。
12月3日は、ブラジル選手権2007が終わった翌日である。

「よくない雰囲気を作りかねないことは分かった。 集中させなければならない」と、ルイゾンLuizãoは言った。
ルイゾンは、週末を過ごすサンパウロ州の来た海岸のマレシアスMaresiasに向かう車の中で、電話で話をした。

ルイゾンは、ブラジル選手権セリエBの、現在所属しているサン・カエターノSão Caetano対アヴァイAvaíの試合で左膝の半月板を痛めた。
サン・カエターノとの契約は12月で終了するので、2008年は自由である。
大きな可能性として、回復後にコリンチャンスCorinthiansと契約をする。

「もし回復をし、コリンチャンスCorinthiansが自分が戻ることを望めばそれは大きな喜びである。 過ごしたクラブに戻るのは全ての選手の夢である。 自分もそれと違わない。 あそこのユニフォーム係から社長までみんな知っている」とルイゾンLuizãoは言った。
コリンチャンスCorinthiansでは、1999年から2002年までプレイし、1999年にブラジル選手権、1999年と2001年にサンパウロ州選手権、そして2000年にFIFA世界クラブ選手権に優勝した。

ルイゾンはそのころにアンドレス・サンシェスAndrés Sanchesを知った。
そのころは、ただの評議員で、2部の役員だった。

「彼が役員で会った時から知っている。 社長になりたいといっていた。 しかし友情はプロのこととは関係ない。 はっきりしている」と、ルイゾンは言った。

--------------------------------
すでに、コリンチャンスを混乱させていると思う。

|

« サッカー・ブラジル選手権2007 その136 セリエB終了。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その103。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17182021

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007オフ その14 ルイゾンはコリンチャンスでのトレーニングを延期。:

« サッカー・ブラジル選手権2007 その136 セリエB終了。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その103。 »