« ブラジル・サンパウロの小鳥 その92 拙宅に来る鳥62。 | Main | ブラジル・サンパウロの「弟と妹」。 »

sábado, 29 de dezembro de 2007

ブラジル・サッカー:2007オフ その63 ロナウドの件は秘密扱いになった。

ロナウドRonaldoの件は、ガーヴェアGáveaでは秘密になった。
※※ガーヴェアはフラメンゴの本部の所在地。

12月26日(水)に、ロナウドFenômenoが2008年にガーヴェアGáveaにいる可能性があることを誇示したあとに、フラメンゴFlamengoのサッカー担当副社長のクレーベル・レイチKléber Leiteは秘密扱いにして、ロナウドの件は交渉が実際に固まってミランMilanが放出を決めたときに新たに話したいという。
実現しないときは、話をしない。

クレーベル・レイチによると、フラメンゴFlamengoは、ミランでよい時を過ごしていなくて、カルロ・アンチェロッチCarlo Ancelotti監督によって軽く扱われていると感じているロナウドを揺さぶる戦略を立てた。
ロナウドRonaldoはミランにいたくないと友人に言っている。
ミランMilanがロナウドの放出を考えている徴候は、英国InglaterraのチェルシーChelsea,のドログバDrogbaとの契約に関心を持っていることに表れている。

「ロナウドRonaldoについての新たなことは、彼が紹介されるその日になる。 今はロナウドに思いを感じて貰い、フラメンゴFlamengoで.プレイしたいと思わせることである」とクレーベル・レイチKléber Leiteは、12月27日(木)の記者会見で、ロナウドと契約する戦略を立てていることを確認した。

クレーベル・レイチはリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroの南フルミネンセ地方のアングラ・ドス・レイスAngra dos Reisに向かった。
そこで、年末のフェスタを過ごす。
ロナウドRonaldoはすでに代理人のファビアーノ・ファラーFabiano Farahとそこにいる。
あるミランの役員が同じ場所で新年を過ごす可能性がある。
ロナウドが2008年にフラメンゴのユニフォームを着る可能性について話し合うための出会いがあるだろう。

------------------------------
ミランは、まだ完全に否定している

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その92 拙宅に来る鳥62。 | Main | ブラジル・サンパウロの「弟と妹」。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17520320

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007オフ その63 ロナウドの件は秘密扱いになった。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その92 拙宅に来る鳥62。 | Main | ブラジル・サンパウロの「弟と妹」。 »