« ブラジルの「プレイボーイ」誌 その6 2008年1月発売の表紙を飾る女性を巡る話題。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その57 社長の隣で、試合観戦。 »

segunda-feira, 3 de dezembro de 2007

サッカー・ブラジル選手権2007 その149 コリンチャンスは逃げた。

予想されていた通り、コリンチャンスCorinthiansの一行は、ブラジル選手権のセリエBSérie Bに降格したあと、サンパウロのクンビッカCumbica空港に到着後のコリンチャンスのファンとの接触を避けた。

12月2日(日)23時05分丁度に、ポルト・アレグレPorto Alegreからチームを乗せてきた飛行機は停まった。
すぐに、一行を運ぶためにバスがエプロンに入ってきた。
選手たちが到着ロビーに出ることはなかった。

一行を乗せたバスの行き先はミステリーだった。
しかし、全てがコリンチャンスの本部のパルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeに行くことをしめしていた。

飛行場では、何人かのファンがチームを待っていた。
しかし、コリンチャンスの一行と共にポルト・アレグレから戻ってきたファンに会うことが出来ただけだった。

到着後、わずか3人の選手がパルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeに現れた。
ルリーニャLulinha、モラデイMoradei、エヴェルトン・リベイロÉverton Ribeiroはうつむいて、24時過ぎにタクシーで到着した。
マスコミには何も話さなかった。

多くの選手はサンパウロSão Paulo市東部のジャルヂン・アナリア・フランコJardim Anália Francoにあるホテルに行った。
全ての選手は、月曜日から休暇にはいる。

--------------------------------
半分以上の選手は、
そのままコリンチャンスを去ることになるに違いない。

|

« ブラジルの「プレイボーイ」誌 その6 2008年1月発売の表紙を飾る女性を巡る話題。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その57 社長の隣で、試合観戦。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2007 その149 コリンチャンスは逃げた。:

« ブラジルの「プレイボーイ」誌 その6 2008年1月発売の表紙を飾る女性を巡る話題。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その57 社長の隣で、試合観戦。 »