« ブラジルの「プレイボーイ」誌 その7 2008年1月発売の表紙を飾る女性を巡る話題2。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その61 ドーピングについての記者会見。 »

quarta-feira, 5 de dezembro de 2007

ブラジル・サッカー:2007オフ その23 コリンチャンスの新監督にマノ・メネゼス。

コリンチャンスCorinthiansの社長は、約束したように、素早く動いた。
ネルシーニョ・バチスタNelsinho Baptista監督と更新しないと決定してすぐに、前グレミオGrêmio監督のマノ・メネゼスMano Menezesと契約した。
チームを指揮し、2008年にブラジル選手権のセリエAに復帰させるようにする。

クルゼイロCruzeiroもまたマノ・メネゼスと契約に関心を持っていたが、コリンチャンスTimãoのオファーが勝っていた。

マノ・メネゼスMano Menezesとの契約は、12月4日(火)の夜リオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroで、代理人のカルロス・レイチCarlos Leiteと社長のアンドレス・サンシェスAndrés Sanchesとの会議で決まった。
サンパウロSão Pauloにいた新サッカー担当副社長のマリオ・ゴッビ・フィーリョMário Gobbi Filhoも賛成であった。

契約期間は1年間。
マノ・メネゼスは、ネルシーニョ・バチスタNelsinho Baptista監督が受け取っていた報酬の3倍を受け取る。

「マノ・メネゼスはとても幸せである。 彼は多くのクラブからオファーを受け取っていた。 しかしコリンチャンスCorinthianを望んだ。 記者会見で彼はコリンチャンスCorinthiansを選んだ理由についてより詳細を語るだろう」と、代理人のカルロス・レイチCarlos Leiteは言った。

社長の意向は、2008年のシーズンのためにチームを作り上げるのに時間を失いたくないということである。

新監督は、12月5日(水)18時に、パルケ・サン・ジョルジParque São Jorgeに現れ、すぐに何人かの新加入選手について語るだろう。 元サンパウロFCのFWリマLima、サン・ベルナルドSão BernardoのMFラフィニャRafinhaは契約した。 コリンチャンスは、さらにサン・カエターノSão CaetanoのMFドウグラスDouglas、フラメンゴFlamengoのボランチのジェルソン・マグロンGérson Magrãoそして元サントスex-SantosのボーヴィオBóvioを欲しがっている。

コリンチャンスCorinthiansをセリエAに戻すことは、マノ・メネゼス監督にとっては目新しいことではない。
2005年にグレミオを率いてそれをやっている。

--------------------------------
ネルシーニョ・バチスタ監督が、ますます可哀想にも思える。

ともかくも、コリンチャンスは
チーム作りにとって一番大事な監督を決めた。

どのような采配をふるうのか楽しみである。

|

« ブラジルの「プレイボーイ」誌 その7 2008年1月発売の表紙を飾る女性を巡る話題2。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その61 ドーピングについての記者会見。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007オフ その23 コリンチャンスの新監督にマノ・メネゼス。:

« ブラジルの「プレイボーイ」誌 その7 2008年1月発売の表紙を飾る女性を巡る話題2。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その61 ドーピングについての記者会見。 »