« サッカー:ロマリオの日々 その60 ドーピング。 | Main | ブラジルの「プレイボーイ」誌 その7 2008年1月発売の表紙を飾る女性を巡る話題2。 »

quarta-feira, 5 de dezembro de 2007

ブラジル・サッカー:2007オフ その22 ヴァウヂール・エスピノーザ監督もヴァスコ・ダ・ガマに残留せず。

ヴァスコ・ダ・ガマは、2008年に向けて監督が公式にいなくなった。

12月4日(火)の午後、ヴァウヂール・エスピノーザValdir Espinosa監督は、サン・ジャヌアリオSão Januárioで社長と会議をしたが、契約の更新に合意しなかった。
それで、10月25日にセルソ・ロッチCelso Roth監督のあとを受けてヴァスコ・ダ・ガマにやってきたヴァウヂール・エスピノーザ監督は、失業者に戻ることになる。
(参考画像)
Spd20071201g

エウリコ・ミランダEurico Miranda社長は、火曜日中にも新監督を発表するだろう。

「不幸なことに、両者の間に合意はなかった。 しかし、人生は続く。 ヴァスコ・ダ・ガマではいつも最高の扱いを受けたし、家にいるかのようだった。 自分がまた仕事を出来るように門を開けておいてくれることに感謝している。 選手たちがよい質を持っていることを証明できて、ブラジル選手権Campeonato Brasileiroで誇らしい位置に持っていくことが出来た」と、ヴァウヂール・エスピノーザ監督は、広報を通じて言った。

ヴァウヂール・エスピノーザ監督の指揮下で、ヴァスコ・ダ・ガマは6試合を戦い、3勝2分1敗であった。
この結果で、ヴァスコ・ダ・ガマは、南米杯Copa Sul-Americanaの出場権を得ることが出来た。

パラナのマスコミによると、ヴァウヂール・エスピノーザ監督の行き先はブラジル選手権セリエBSérie Bで優勝したコリチーバCoritiba。
レネー・シモンエスRenê Simões監督はジャマイカ代表seleção da Jamaica.監督になった。

ヴァスコ・ダ・ガマでは、ヴァグネル・マンシーニVágner Mancini、アルフレッド・サンパイオAlfredo Sampaio、アントニオ・ロペスAntônio Lopesなどの名前がすでに挙がっている。

--------------------------------
監督がどんどんと代わっていく。

|

« サッカー:ロマリオの日々 その60 ドーピング。 | Main | ブラジルの「プレイボーイ」誌 その7 2008年1月発売の表紙を飾る女性を巡る話題2。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17278942

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007オフ その22 ヴァウヂール・エスピノーザ監督もヴァスコ・ダ・ガマに残留せず。:

« サッカー:ロマリオの日々 その60 ドーピング。 | Main | ブラジルの「プレイボーイ」誌 その7 2008年1月発売の表紙を飾る女性を巡る話題2。 »