« サッカー・ブラジル選手権2007 その152 ブラジル大統領ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァには、誰もそのことを触れなかった。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その22 ヴァウヂール・エスピノーザ監督もヴァスコ・ダ・ガマに残留せず。 »

terça-feira, 4 de dezembro de 2007

サッカー:ロマリオの日々 その60 ドーピング。

FWロマリオRomárioは、10月28日にサン・ジャヌリオSão Januárioで行われた対パルメイラスPalmeiras戦の試合のあとに行われたアンチドーピングテストに引っかかった。
スポーツ最高裁判所Superior Tribunal de Justiça Desportivaの審理によって、120日間から1年間の出場停止となる。

ロマリオBaixinhoの組織から検出された物質は、頭髪のトニックの成分に使われているもの(finasterida)である。
ロマリオは、おそらく2008年に行われる審理まで、予備的に出場停止となった。

この件は、昼食のすぐあとに明らかになった。
エウリコ・ミランダEurico Miranda社長は検査の結果を知ると、選手生命を終わらせかねない出場停止からロマリオを自由をする方法を知るために法務担当副社長のパウロ・レイスPaulo Reisを呼んだ。

ロマリオRomárioのケースは、インテルナシオナウInternacionalのDFマルソンMarcãoのそれに似ている。
選手は同じ物質によって120日間の出場停止処分をスポーツ最高裁判所から受けた。

そして、8月21日に行われたブラジル選手権Campeonato Brasileiroの第13節の対ジュヴェンチューヂJuventude戦でのドーピングが発覚していた選手は出場停止は60日間に減ぜられ、残りは基礎食品cestas básicasの寄付ということになった。

41歳のロマリオRomárioは、2008年のリオ・デ・ジャネイロ州選手権Campeonato Cariocaに出場することを確認している。
この選手権を戦ったあとに、引退することになるだろう。

--------------------------------
一晩明けても、またロマリオが話題の中心である。

今回は、よくない話だが。

|

« サッカー・ブラジル選手権2007 その152 ブラジル大統領ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァには、誰もそのことを触れなかった。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その22 ヴァウヂール・エスピノーザ監督もヴァスコ・ダ・ガマに残留せず。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17278824

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオの日々 その60 ドーピング。:

« サッカー・ブラジル選手権2007 その152 ブラジル大統領ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シウヴァには、誰もそのことを触れなかった。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その22 ヴァウヂール・エスピノーザ監督もヴァスコ・ダ・ガマに残留せず。 »