« ブラジル・サンパウロの小鳥 その77 拙宅に来る鳥47。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その115。 »

sexta-feira, 14 de dezembro de 2007

ブラジル・サンパウロで、グレイシー一家の1人が逮捕。

柔術jiu-jitsu格闘家ハイアン・グレイシーRyan Gracie(*テレビ・ニュースでの発音にしたがう)が、12月14日(金)に逮捕された。
サンパウロSão Paulo市の西部の高級地イタイン・ビビItaim Bibiで76歳の老人と喧嘩をして、車を奪った容疑である。

ハイアン・グレイシーは、その後すぐにモト・ボーイ(*バイク便)に発見され、警察に逮捕された。
ハイアン・グレイシーは、ブラジルの格闘界の象徴であるグレ-シー一家のメンバーである。

警察の23分署によると、13時30分過ぎに、ジャクリシJacurici通りでカローラCorollaに乗っていた老人に近づいた。
包丁をもって、老人の左腕の指を斬り付けた。
Spd20071214m

ハイアン・グレイシーは車を運転し、アロルド・ヴェローゾHaroldo Veloso通りそしてエンリッキ・シャーマHenrique Chamma大通りに逃げた。
そして、ジュセッリーノ・クビシェッキJuscelino Kubitschek大通りで車をコンクリートの壁にぶつけた。
Spd20071214n

Spd20071214l

そして、ハイアン・グレイシーはカローラCorollaを降りて、フィアッチ・フィオリーノFiat Fiorinoの運転手に近づいたが、その運転手は逃げることが出来た。

さらに、ハイアン・グレイシーはモトボーイを倒し、バイクを奪おうとしたと、警察は言っている。
Spd20071214r

Spd20071214q

Spd20071214s

別のモトボーイがその場にいて同僚を助けようとして、ハイアン・グレイシーと喧嘩を始めた。
そこに警察が到着し、ハイアン・グレイシーを取り押さえた。

ハイアン・グレイシーは15分署に連れて行かれた。
Spd20071214k

ハイアン・グレイシーRyan Gracieは別の問題もかつて起こしている。

2000年3月に、18日間、生地のリオ・デ・ジャネイロRio de Janeiroで拘置されている。
バッハ・ダ・チジュッカBarra da Tijucaでのフェスタの家を壊した喧嘩で、学生を刺した容疑である。

2005年には、警察と喧嘩し、そしてサンパウロ市の南部の78分署で警部を罵倒した容疑である。

-------------------------------
「薬」を使ったのではないかという、報道がある。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その77 拙宅に来る鳥47。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その115。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロで、グレイシー一家の1人が逮捕。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その77 拙宅に来る鳥47。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その115。 »