« ブラジル・サンパウロの小鳥 その93 拙宅に来る鳥63。 | Main | ブラジル・サンパウロのマリア・アントニアの美術展。 »

domingo, 30 de dezembro de 2007

ブラジル・サンパウロは「夏」2007-2008 その2 猛暑。

ブラジル・サンパウロは、猛暑。
12月28日(金)から、連日30度を軽く超えて34-35度までになっている。
夜になっても気温は下がらず、熱帯夜になっている。

標高約800メートルの高原都市サンパウロでは、考えられない暑さである。
大体いつもは夜になると急に気温が下がり、窓を閉めて、布団がけで寝ないと、絶対に風邪を引くようなところあるが、この3日間は違う。

とうとう30日(日)の朝には、寝汗いっぱいで、寝ていられなくて、睡眠時間3時間余で起きてしまった。

朝から、快晴のサンパウロ。
Spd20071230a

日曜日ということもあるだろうが、もう市内を走る車はもう本当に少ない。
市内を走る車の約2割が、休暇や帰省でいなくなっていることもあるだろう。

パカエンブー大通りを北に向かっていたら、Globo局の車が走っていた。
Spd20071230b

車は3台で、バイクが2台。
31日(月)の午後に行われる恒例のショートマラソン大会のサン・シルヴェストレの伴走実況車の予行練習をしていたのだ。
コースを実際に走っていたわけである。

さらに、クルゼイロ・ド・スル大通りを北に向かっていたら、
あまりに荷物を積み過ぎた「フスカ(=フォルクスワーゲンの通称カブトムシ)」を見つけた。
丸っこい屋根のはずなのだが、どうやって荷物を動かなくしているのか。
それもこれも、交通量が少ないから、出来ることである。
Spd20071230r

どことなく年末のようでもあるサンパウロである。
ただ、「師走」といった気ぜわしさはない。
そういった狂騒状態はナタウ(=クリスマス)前までである。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その93 拙宅に来る鳥63。 | Main | ブラジル・サンパウロのマリア・アントニアの美術展。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロは「夏」2007-2008 その2 猛暑。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その93 拙宅に来る鳥63。 | Main | ブラジル・サンパウロのマリア・アントニアの美術展。 »