« サッカー・ブラジル選手権2007 その143 ゴイアスのマルシオ・アラウージョ監督解任。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その110。 »

sábado, 1 de dezembro de 2007

ブラジル・サンパウロのデジタルテレビ放送開始。

12月2日(日)から、
ブラジルでデジタルテレビ放送が開始することになっている。

まずは、サンパウロ市周辺だけである。

リオ・デ・ジャネイロ、ベロ・オリゾンチ、ブラジリアなどは、来年2008年からの開始。

2016年までは、アナログ放送も継続されるという。

デジタル放送のシステムは、日本規格を採用した唯一の国ブラジル。
このことが、吉と出るか凶と出るか。

Globo局は、20時からデジタル放送を開始すると告知している。

でも、実際のところ、たぶん全く一般的には盛り上がっていない。

まず、デジタル放送に対応するテレビがほとんど発売されていない。
やっと、液晶やプラズマのテレビが、かなり安くなった来たとはいえ、お金持ちに売れているくらいであり、それらのテレビもHD対応になっている物があるが、アナログである。
何しろ日本よりかなり高い。

一般の人には、やっと29インチのフラットスクェア・ブラウン管テレビを買えるかなというところだ。

いまだに、ブラウン管の表面が、丸くカーブしていたり、四辺が直角ではないテレビが新品で売られている。

新品のテレビを買える人は幸せなのだ。
かなり多くの人は、中古を買うかもらい受けるのが、普通なのだ。

このことは、サンパウロ市内にいるだけですぐに分かる。
中心部の高級ショッピングセンター内にある電気店は、もう薄型テレビしか並べていない。
菅前総務大臣が8月に、サンパウロを訪問された時に、サンパウロ総領事の先導でリベルダーヂのガルヴォン・ブエノ街を見物したあとに、拙宅の近くのショッピングセンターの地階にあるFASTという電気店を視察されたが、ここがそういう店である。

でも、中心部の庶民が来る路面店では、半分以上はブラウン管テレビである。

そして、15キロも離れたところにある電気店には薄型テレビなんか無い。
ブラウン管テレビで、それも四辺が丸いような物ばかりである

それより先には、新品を売っている電気店はない。
中古を修理して並べているような「得体のしれない」店ばかりだ。
テレビだけではなく、洗濯機や冷蔵庫でも、そんな感じである。
宝くじでも当たらないと新品など想像も出来ない。

完全なデジタル対応テレビがないのだから、
デジタル放送を見るためにはコンバーターを必要とする。
これが、最低で499レアル(=約3万円)もする。
中古テレビが買える。
いいコンバーターはこれより高い。
700-1000レアルもする。

一体どれくらいの人が、サンパウロで、初日から、デジタル放送を見ることが出来るのか。

何しろ日本のように、情報の嵐にはならない国。
やっと、今週になって、
新聞に、特集記事が出て、
デジタル放送とは何、どこが違うの、どうしたら見られるの等々の簡単な説明があっただけである。
「猿でも分かるような」親切な説明があるMOOKもない。

一気に時代が変わるような高揚感は、これっぽっちもない。
そういう盛り上げもない。

放送番組は、アナログ放送と同じだし、
一気に高解像番組になるわけでもない。
一部の番組だけだ。

それも、どの番組がデジタルになるのかもよくわかない。

Globo局で、2日(日)夜22時半からの「パイレーツ・オブ・カリブ」は、デジタル放送らしい。

--------------------------------
まあ、世界の中で、国民が新しい技術に付いていけるような国はそうそう無いということが分かる。
日本は、国民性もあるのだろうが、そういう国の一つである。

ついでだが、
携帯電話の3G(第3世代)も、ブラジルではこの12月からである。
日本では、FOMAはもう当たり前になっているのだろうが。

ただ、ブラジルの携帯のほとんどは、GSMなので、これは世界標準とも言える規格だから、日本や韓国を除くほとんどの国でそのまま使えるところが便利がよい。
データの受発信には、3Gからみると恐ろしいほど時間と費用はかかるけど。

|

« サッカー・ブラジル選手権2007 その143 ゴイアスのマルシオ・アラウージョ監督解任。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その110。 »

Comments

 地デジへの移行云々で騒いでる国って日本ぐらいなもんですかね。確かに現実的には必要性が絶対的に高いものじゃないし、アナログで十分ですもんね。
 今年9月に行ったブラジル旅行でワンセグTV携帯を持って行きましたが全然映りませんでした。当然だったんですね(^_^;)。日本方式を採用したってことは近い将来は日本の端末で見れるってことなんですね。

 こちらのブログ、ブラジルの日常を垣間見れる情報サイトとして時々見させて頂いてます。これからも更新頑張って頂いて幅広い情報を気軽に発信してもらうるとうれしいです。

Posted by: gachopin | domingo, 2 de dezembro de 2007 at 22:20

>gachopin様
9月にはまだ、実験放送をしていなかったか、本格的にやっていなかったんでしょうね。
12月2日には、ワンセグを見ることが出来ました。
画面のサイズからして家で見るようなものではないですが。
といって、ノートブックを持ち歩いて、その辺で見るような危険行為もしません。

Posted by: Sao Paulo | quinta-feira, 6 de dezembro de 2007 at 23:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17248538

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのデジタルテレビ放送開始。:

« サッカー・ブラジル選手権2007 その143 ゴイアスのマルシオ・アラウージョ監督解任。 | Main | ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その110。 »