« ブラジル・サッカー:2007オフ その17 鹿島アントラーズはレアンドロ・アマラルを諦めた。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その151 2007年優秀選手表彰式。 »

terça-feira, 4 de dezembro de 2007

ブラジル・サッカー:2007オフ その18 マノ・メネゼス監督は語る。

コリンチャンスCorinthiansの新監督にとも言われている、マノ・メネゼスMano Menezes監督は、まさにコリンチャンスをブラジル選手権のセリエBに降格させた試合でグレミオGrêmioにお別れしているが、何もコリンチャンスから公式のオファーを受け取っていないと言った。
(参考画像)
Spd20071202g

しかし、打診があったとしても、マノ・メネゼス監督は何も答えないだろう。
というのは、ネルシーニョ・バチスタNelsinho Baptista監督の去就がまだ公式の物になっていないからだ。

「どこのクラブともまだ交渉を始めていない、それは正しくはない。 それとは別に、コリンチャンスCorinthiansにはまだ監督が居る。 監督が居なくなったことが公式に馴れは、そのチームと交渉をする」と明言した。

マノ・メネゼス監督は、今のところ、サウジ・アラビアArábia Sauditaからのオファーがあるだけであるが、今失業中であって、、2008年に第2部のコリンチャンスTimãoの指揮をすることは捨ててはない。

「監督が仕事をしていない時に、彼は全ての状況を分析し、大きな仕事をしたがる物だ。 第1部でも第2部でもよい仕事をすることは可能である。 もしコリンチャンスCorinthiansが自分を求めているなら、分析し他のオプションと比較をする」と、マノ・メネゼス監督は言った。

--------------------------------
マノ・メネゼス監督は、2年7ヵ月間と、ブラジルの監督としては極めて長い期間、グレミオの監督を務めてきた。

就任した時は、グレミオは、ブラジル選手権のセリエBにいた。
セリエBに優勝し、2006年にセリエAに復帰した。
そして、2007年のリベルタドーレス杯に出場した。

これからの名監督の1人である。

|

« ブラジル・サッカー:2007オフ その17 鹿島アントラーズはレアンドロ・アマラルを諦めた。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その151 2007年優秀選手表彰式。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17277815

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007オフ その18 マノ・メネゼス監督は語る。:

« ブラジル・サッカー:2007オフ その17 鹿島アントラーズはレアンドロ・アマラルを諦めた。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その151 2007年優秀選手表彰式。 »