« ブラジル・サッカー:2007オフ その44 コリンチャンスの新スポンサーの「緑」は禁止。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その46 ドドゥは、フルミネンセ。 »

sábado, 22 de dezembro de 2007

ブラジル・サッカー:2007オフ その45 ワシントンはフルミネンセ。

クリチーバCuritibaで、フルミネンセFluminenseは公式にフルミネンセの最初の新戦力の入団を公式に発表した。
FWワシントンWashingtonは、契約の終了時に同じ期間を延長するオプションがある1年の契約にサインをした。

ワシントンは、初めてフルミネンセFluzãoのユニフォームを着ることに誇りを感じているところを見せた。
ファンを大喜びさせることを約束した。
Spd20071221k

「フルミネンセのような歴史のあるクラブで戦うことはとても嬉しい。 タイトルを獲るためにブラジルに戻ってきた。 2008年は良い試合をする。 やる気いっぱいである」と、ワシントンWashingtonは言った。
Spd20071221j

ワシントンは、2003年に手術をした医師の検査を受けるためにパラナ州の首都クリチーバにいる。
約1年半の休みのあとアツレチコ・パラナエンセAtlético-PRのグラウンドに戻ることを可能にしたコンスタンチーノ・コンタンチーニCostantino Costantini博士のところである。

ワシントンは、フルミネンセのためにプレイするに適しているかを確認するための検査をした。

「ワシントンWashingtonはとても従順な患者である。 体調管理、食事管理をして、健康に注意し、定期的な検査をしている 彼は2003年からやって来ているように高いレベルの選手権でプレイする彼の生活を保つことができる」と、コンスタンチーノ・コンタンチーニ博士は明言した。

心臓専門医のロベルト・オルカーデスRoberto Horcades社長もまた契約に署名する前にワシントンの心臓がどうなのをかを知ることが重要だと話した。

「ワシントンをフルミネンセに引っぱったことは大きな喜びである。 ここコンスタンチーノ・コンタンチーニ博士のところであるで検査をするという問題があった。 クラブにとってそして自分にとっても特別な心配であった。 ワシントンは契約に合意する前に理解していた」と、ロベルト・オルカーデス社長は言った。

-------------------------------
ワシントンのフルミネンセ行きはすでに既定のことであったが、これで正式に決まったことになる。

|

« ブラジル・サッカー:2007オフ その44 コリンチャンスの新スポンサーの「緑」は禁止。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その46 ドドゥは、フルミネンセ。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17449717

Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007オフ その45 ワシントンはフルミネンセ。:

« ブラジル・サッカー:2007オフ その44 コリンチャンスの新スポンサーの「緑」は禁止。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その46 ドドゥは、フルミネンセ。 »