« ブラジル・サッカー:2007オフ その55 ロナウドの交渉を公認していないミラン。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その56 レアンドロ・アマラルは交渉可能だが、フルミネンセとはしない。 »

quinta-feira, 27 de dezembro de 2007

サッカー:ロマリオの日々 その70 金曜日にスポーツ最高裁判所の新たな決定が下される。

先週金曜日に、ヴァスコ・ダ・ガマは選手兼監督のロマリオRomárioがリオ・デ・ジャネイロ州選手権Campeonato Cariocaの初めにも使えるようという仮処分申請を出していた。

スポーツ最高裁判所Superior Tribunal de Justiça Desportiva,の所長のルーベンス・アプロバット・マシャードRubens Approbato Machadoは今週末までに決定をすることを約束した。

ロマリオBaixinhoは、ドーピング検査で検出されて明らかになったように、頭髪の脱落を避けるために禁止されている薬物のフィンサテリーダの使用により、最初の審判で120日の出場停止となった。

処分がそのままであると、ロマリオは監督エリアにも入ることはできない。

--------------------------------
どんな決定がでるのか。

|

« ブラジル・サッカー:2007オフ その55 ロナウドの交渉を公認していないミラン。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その56 レアンドロ・アマラルは交渉可能だが、フルミネンセとはしない。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17493000

Listed below are links to weblogs that reference サッカー:ロマリオの日々 その70 金曜日にスポーツ最高裁判所の新たな決定が下される。:

« ブラジル・サッカー:2007オフ その55 ロナウドの交渉を公認していないミラン。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その56 レアンドロ・アマラルは交渉可能だが、フルミネンセとはしない。 »