« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その109。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その66 拙宅に来る鳥36。 »

sábado, 1 de dezembro de 2007

サッカー・ブラジル選手権2007 その142 第37節コリンチャンス対ヴァスコ・ダ・ガマ戦 観戦2。

11月28日(水)21時45分から、サンパウロのパカエンブー競技場で行われた、ブラジル選手権の第37節コリンチャンス対ヴァスコ・ダ・ガマ戦を観戦に行った。

続きである

右SBアマラウ。
パルメイラスから約半年間、今年の年末までレンタルされている。
20歳。
ブラジル代表U-20である。
正右SBイランが練習中に故障したので、この試合で先発出場になった。
顔はいかついが、本当は優しい。
むしろ、プレイでは内気という問題がある。
Spd20071128fze

MFルリーニャ。
17歳。
英国のアーセナルが狙っていると報道があるが、
正式のオファーはないということだ。
コリンチャンスと契約更改をしたばかりで、
違約金は5千万米ドル。
まだ、ブラジル選手権ではゴールがない。
小柄。
Spd20071128fzf

キャプテンのDFベトン。
2007年は色々なことがあったベットン。
Spd20071128fzg

DFファビオ・ブラス。
Spd20071128fzh

試合開始と共に、
ガヴィオンエス・ダ・フィエウの皆様の幕が、下から上に広がった。
Spd20071128fzi

ボランチのカルロス・アルベルト。
2006年11月に、5歳もの年齢詐称が発覚した選手である。
半年の出場停止を経て、コリンチャンスに移籍して、5月からプレイしている。
Spd20071128fzj

MFルリーニャ。
Spd20071128fzk

FWブルーノ・ボンフィンことデンチーニョ。
18歳。
Spd20071128fzl

ネルシーニョ・バチスタ監督。
Spd20071128fzm

いつもの優秀な球拾い。
実はかなりおしゃれ。
Spd20071128fzn

ヴァスコ・ダ・ガマのFWレアンドロ・アマラル
マークは、DFベットンの役目だった。
Spd20071128fzo

手前から、ネルシーニョ・バチスタ監督。
中、左SBエーヴェルトン・リヴェイロ、17歳。
奥、ヴァスコ・ダ・ガマのFWレアンドロ・アマラル。
Spd20071128fzp

FWアルシ。
ボリビア代表。
Spd20071128fzq

DFファビオ・ブラス。
Spd20071128fzr

この日のパカエンブー競技場。
満員になった。
※クリックすると拡大する。
Spd20071128fzs

MFルリーニャ。
Spd20071128fzt

FWブルーノ・ボンフィンことデンチーニョ。
ブラジル選手権でのゴール数は、2ゴール。
この日のチームの選手で、このブラジル選手権のゴール数は、僅か7ゴールだけだった。
Spd20071128fzu

前半が終了して、
いつものコリンチャンス大好きおばあさんを発見した。
元気に旗を振り回していた。
動きが早すぎるので、ぶれてしまった。
恒例の年末最終戦だけの衣装で、
白黒だが、ママイ・ノエル(=サンタクロースの女性版)に扮している。
Spd20071128fzv

こちらもおなじみのおばあさん。
願いを込めて、いつも以上に衣装を決めてきた。
Spd20071128fzw

ハーフタイムに、いつものアトラクションが行われた。
Spd20071128fzx

挑戦者は10人くらいいたが、結局ゴールを決められたのは、2人だけだった。
Spd20071128fzy

続く。

|

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その109。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その66 拙宅に来る鳥36。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37758/17247100

Listed below are links to weblogs that reference サッカー・ブラジル選手権2007 その142 第37節コリンチャンス対ヴァスコ・ダ・ガマ戦 観戦2。:

« ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その109。 | Main | ブラジル・サンパウロの小鳥 その66 拙宅に来る鳥36。 »