« ブラジル・サンパウロの小鳥 その87 拙宅に来る鳥57。 | Main | ブラジル・サンパウロの「カルロス・ゴーンはブラジル人だった」。 »

segunda-feira, 24 de dezembro de 2007

ブラジル・サッカー:2007オフ その52 その後のレアンドロ・アマラル

鹿島アントラーズが関心を持っていると報じられた後、すぐに断念したと伝えられたことで、レアンドロ・アマラルについては取りあげていなかったが、鹿島アントラーズとは関係無いところで動きは続いていた。

所属していたヴァスコ・ダ・ガマが、契約にある自動延長条項を使い、1年の延長という内容で、ブラジルサッカー協会CBFがその申請を受け付け、登録した。
しかし、レアンドロ・アマラルは登録取り消し処分を裁判所に訴え、その訴えが認められた。
この裁判所の決定を受けて、ブラジルサッカー協会CBFは登録を取り消した。

これで、レアンドロ・アマラルはどこのクラブとでも契約できるようになった。

--------------------------------
ヴァスコ・ダ・ガマVasco da Gamaのとの関係を断ち切るために裁判に訴えたFWレアンドロ・アマラルLeandro Amaralは、この木曜日にもフルミネンセFluminenseで紹介される

--------------------------------
ところが、
12月24日(月)に、アジアサッカー連盟Federação Asiática de Futebolのサイトで、FWレアンドロ・アマラルLeandro AmaralがカタールCatarのアル・ライイアンAl Rayyanとの契約に証明したと報じられた。

このサイトによると、レアンドロ・アマラルは1月3日にカタール選手権の対アル・アラビAl Arabi,戦でデビューするという。

このアル・ライイアンを指揮しているのは、ブラジル人のパウロ・アウツオーリPaulo Autuori監督である。

30歳のレアンドロ・アマラルLeandro Amaralはブラジル選手権Campeonato Brasileiroで15ゴールを決めたヴァスコ・ダ・ガマでの名選手である。

しかし、ヴァスコ・ダ・ガマが契約にある自動更新条項を使ったことで、その状況に不満を持った

レアンドロ・アマラルは、12月11日にヴァスコ・ダ・ガマを訴える裁判に入り、、契約会場の仮処分決定を勝ち得た。
初めての審問は、1月14日に行われる。

--------------------------------
レアンドロ・アマラルの行き先は、混沌としてきた。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その87 拙宅に来る鳥57。 | Main | ブラジル・サンパウロの「カルロス・ゴーンはブラジル人だった」。 »

Comments

日本のスポーツ紙では東京Vフッキは川崎Fにレンタル終了で戻ると載っていました。本当なのですか。教えてください。

Posted by: 一郎 | quinta-feira, 27 de dezembro de 2007 03:15

>一郎様
ブラジルからは、年間800人以上のサッカー選手が世界各国に移籍しています。
それらの選手の動向については、報じられるのは、その中のほんの一部です。
現元ブラジル代表クラスとか、ブラジルの有力クラブチームに関係する選手についてだけといっても良いです。
一旦、海外に行って、その中での移籍などは、よほどの有名選手でないと報じられません。
さらに、欧州のクラブに関するものが多くて、日本のクラブついてなど、ブラジル人であって、有名選手もしくは有名監督でなければほとんどその移籍については報道されません。
そういった状況ですので、お問い合わせの件については、回答をする情報を発掘することは全く不可能です。
ご理解願います。

Posted by: Sao Paulo | sexta-feira, 28 de dezembro de 2007 01:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007オフ その52 その後のレアンドロ・アマラル:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その87 拙宅に来る鳥57。 | Main | ブラジル・サンパウロの「カルロス・ゴーンはブラジル人だった」。 »