« ブラジル・サンパウロは「夏」2007-2008 その1 「夏」になった。 | Main | ブラジル・サンパウロの”Tom Jazz” その5 "Os Cariocas"5。 »

sábado, 22 de dezembro de 2007

ブラジル・サッカー:2007オフ その48 アドリアーノがサンパウロFCで紹介された。

6ヵ月。
アドリアーノAdrianoがサンパウロFCの選手として、昨年選手としてそして個人生活でも失ったものを全てまた獲得するための時間である。

アドリアーノは、12月21日(金)に微笑んだそして大きな期待をもってサンパウロFCの社長によって発表された。

「舞台に戻ってきた」"volta por cima"という表現を何度も記者会見で使った。
ボールに植えていたアドリアーノAdrianoはサンパウロ州選手権、ブラジル選手権、そしてもちろんリベルタドーレス杯米州選手権Copa Libertadores da Américaの全ての試合で戦うと保証した。

「自分が望むこと以上に信頼していた。 サンパウロFCに来た時に、自分はここで良くなるだろうと思った。 クラブの設備によって、人々によって、そして歴史によって。 ここのユニフォームを着ることは自分にとっての誇りである。 ここでまた舞台に戻りたい。 また再びブラジルBrasilにいることでとても幸せである」と、アドリアーノAdrianoは言った。

約1ヵ月の治療のあと、アドリアーノAdrianoは社長により、休暇のために自由にされていた。 しかしアドリアーノはグラウンドに戻る時のことを考えていた。 他の選手たちとの再集合は1月7日となっている。
彼は休むという言葉を聞くことは全く望んでいない。

「休養はもう沢山だ。 もうみんなのお世話になってきた年だった。 可能な試合全てでプレイしたい。 ゴールをし、サンパウロFCが決勝にすすめるように貢献をする」と明言した。

アドリアーノとサンパウロFCとの契約は、7月10日までである。
サンパウロFCがリベルタドーレス杯の決勝に進んだ時は、アドリアーノはチームが3度目のチャンピオンとなるように貢献することになるだろう。

-------------------------------
アドリアーノが、とても嬉しそうに微笑んでいた。
Spd20071221h

身体の割に、とても気持ちが繊細なアドリアーノである。

|

« ブラジル・サンパウロは「夏」2007-2008 その1 「夏」になった。 | Main | ブラジル・サンパウロの”Tom Jazz” その5 "Os Cariocas"5。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007オフ その48 アドリアーノがサンパウロFCで紹介された。:

« ブラジル・サンパウロは「夏」2007-2008 その1 「夏」になった。 | Main | ブラジル・サンパウロの”Tom Jazz” その5 "Os Cariocas"5。 »