« ブラジル・サンパウロの小鳥 その75 拙宅に来る鳥45。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その30 フルミネンセがレアンドロ・アマラルに正式オファー。 »

terça-feira, 11 de dezembro de 2007

ブラジルの朝からXuxaの番組が無くなる。

シューシャXuxaが、毎朝の番組を無くし、2008年には土曜日だけになる。

Globo局は、12月11日(火)夜に、シューシャXuxaは2008年には週一の番組だけになると発表した。
新しい番組は、土曜日の午後の時間に放送される。
放送開始は4月になる。


毎日放送している"TV Xuxa"払い年初めに消える。
この時間には、Globo局は"TV Globinho"というアニメ番組を入れる。

Globo局は、シューシャの新しい番組企画についての詳細を明らかにするのを避けた。
番組が子供とファミリー向けのもので、インテラクチブになると、発表しただけである。

2007年はシューシャにとって難しい年になった。
毎日の番組は視聴率に置いて満足な数字を出すことが出来なくなった。

色々なトライはしたが、成功しなかった。
先週日曜日に放送された彼女の新しい番組の "Conexão Xuxa"は、レコルヂRecord局の"Turma do Pica-Pau"に負けた。

2006年の終わりに、もうGlobo局がシューシャXuxaが競争相手に負け続けていることで解決策出すだろうと予想されていた。.

回答がでた:「子供たちの女王」 "rainha dos baixinhos"は消える。

10月に、シューシャXuxaはGlobo局で21年やって来たことを祝った。

子供向けの司会者としてのキャリアーは、今はもう無いマンシェッチ局Rede Mancheteで、1983年に"Clube da Criança"という番組を指揮した時に始まった。

--------------------------------
ブラジルでは、これは一つの時代が終わったニュースだ。

今の25歳以下のブラジル人でシューシャの番組を見なかった人はいないはずだ。

でも、21年も番組を続けているシューシャも、40歳を超えて、見ていてちょっと辛いところがあったのは事実だ。
子供向けに特化しているだけに、他の番組で使えないところがある。

4月からの番組で、新しいシューシャを見せてくれないと、やはり辛いことになるだろう。

かつて、ブラジルの朝の時間は、どの局もほとんど子供向けの番組やアニメばかりであった。
子供自体が多かったし、午後から学校に行く子供もいたので、視聴率は高かったのだろう。
制作側も、日本製アニメを買ってきて、繰り返し放送するだけで、楽だったと思う。

でも、今は子供が急激に減っているので、視聴率が減るのも、仕方がない。
主婦向けの番組の時間が増えたのだが、これとて競争が激しい。

同じGlobo局の朝の主婦番組の"Mais Voce"もその存続が危ぶまれている。

ブラジルではガリバー的なGlobo局なのだが、
このところ視聴率が減少傾向にある。
トップは焦っているはずだ。

|

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その75 拙宅に来る鳥45。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その30 フルミネンセがレアンドロ・アマラルに正式オファー。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジルの朝からXuxaの番組が無くなる。:

« ブラジル・サンパウロの小鳥 その75 拙宅に来る鳥45。 | Main | ブラジル・サッカー:2007オフ その30 フルミネンセがレアンドロ・アマラルに正式オファー。 »