« ブラジル・サンパウロのデジタルテレビ放送開始。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その144 第37節コリンチャンス対ヴァスコ・ダ・ガマ戦 観戦3。 »

domingo, 2 de dezembro de 2007

ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その110。

ブラジル・サンパウロの中心部に多いグラフィッチ(壁絵)。

パウリスタ大通りとコンソラソン通りが交差地点は、ちょっと複雑な立体交差になっている。

パウリスタ大通りから、ドトール・アルナウド大通り方向とレボウサス大通り方向に行くには、コンソラソン大通りの下をくぐり、左方向にカーブしていくことになる。
左カーブが始まるところで、ドトール・アルナウド大通り方向とレボウサス大通り方向の道が分岐する。

このコンソラソン大通りの下をくぐるトンネル部分の壁に、2007年初めから「日本移民100周年」を記念するグラフィッチ(壁絵)が描かれている。

このグラフィッチ(壁絵)は、公認のグラフィッチ(壁絵)である。

このトンネル部分は、一般人が歩くには不適なところである。
だから、まず簡単に捉えられた部分のグラフィッチ(壁絵)だけを、紹介していく。
グラフィッチ(壁絵)の全貌については、そのうちに明らかにする。

トンネル内なので、光量が足りず、画質がよくないがご理解願いたい。

サンパウロ在住者でも、ここのグラフィッチ(壁絵)の全貌を見た人はほとんどいないはずである。

--------------------------------
色々な要素が盛りだくさんなグラフィッチ(壁絵)。
折り紙があるところは正しく日本文化。

女性が川の縁に座り込んでいるのはどういう意味なのか。
※クリックすると拡大する。
Spd20070720cu

ウルトラマンが、沖縄のシーサーのような物にスペシューム光線を浴びせながら、「いらっしゃいませ」とは。
歓迎しているとすると、かなり手荒い。
左側の緑の物は何だろう。
ウルトラマンは、ブラジルでも放映されていた。
ウルトラ・オーメン”Ultra Homen”といっていたそうだ。
※クリックすると拡大する。
Spd20070720cs

おそらく、世界一色っぽいキティーだ。
ナイス・バディーのキティちゃんが、ここまでのポーズをとると、たまらないものになる。
サンリオさんには叱られるだろうが。
Spd20070720ct


|

« ブラジル・サンパウロのデジタルテレビ放送開始。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その144 第37節コリンチャンス対ヴァスコ・ダ・ガマ戦 観戦3。 »

Comments

いつも楽しませていただいてます。最近BSニュースでブラジルのニュース枠ができたのですが、ご存知ですか?
ところで、2枚目の画像の緑色のアレは、もしかしたらガチャピンではないでしょうか。
ともあれ、外から見た日本感満々でとても楽しい作品ですね。

Posted by: ゆた | domingo, 2 de dezembro de 2007 10:08

>ゆた様
NHKは契約していないので、視聴できません。
日本語放送を見始めるときりがないでしょう。
ガチャピンといわれれば、そういう気がします。
ガチャピンを知っているということは、日本経験のある日系人が描いたのでしょうかね。

Posted by: Sao Paulo | quinta-feira, 6 de dezembro de 2007 23:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サンパウロのグラフィッチ(壁絵) その110。:

« ブラジル・サンパウロのデジタルテレビ放送開始。 | Main | サッカー・ブラジル選手権2007 その144 第37節コリンチャンス対ヴァスコ・ダ・ガマ戦 観戦3。 »