« サッカー・ブラジル・オリンピック代表 その4 招集選手集合。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その63 ドーピングの審理は今年中にも。 »

quinta-feira, 6 de dezembro de 2007

ブラジル・サッカー:2007オフ その24 ネルシーニョ・バチスタ監督は語る。

ネルシーニョ・バチスタNelsinho Baptista監督は、コリンチャンスTimãoがマノ・メネゼスMano Menezesとの契約を発表した同じ日に、コリンチャンスCorinthiansを去ることに合意した。

ネルシーニョ・バチスタ監督は、退団後最初のインタビューに応じている。
悪口は言うことはなく、マノ・メネゼスと契約については話すのを避け、「自分が出来ることはすべてやった」と言った。

「コリンチャンスを降格から抜け出させるために可能なことは全てやったという意識をしている。チームは選手権の終わりにいて、選手、スキームの変更を試みた。 不幸にして、降格から抜け出せなかった」と、ネルシーニョ・バチスタ監督は言った。

ネルシーニョ・バチスタ監督は、チームから彼がでるのは普通だと考えていた。

「難しい状況にあるチームを引き受けた。 ある人は勇敢だとまで言った。 でもコリンチャンスCorinthiansはこの状況を抜け脱せるという確信があった。 ここで繰り返したくないミスがあった。 降格という結果になった。 顔を上げて出て行く」と、ネルシーニョ・バチスタ監督は言った。 

ネルシーニョ・バチスタ監督は、グレミオ戦Grêmioで選手を替えたことを批判された。 しかし試合に勝つためで、ゴイアスGoiásとインテルナシオナウInternacional戦の結果次第にしないためだったと明言した。
マノ・メネゼスMano Menezesと契約についての質問には、ネルシーニョ・バチスタ監督はコメントしたがらなかった。

「それについては話さないことの望む」と明言した。

--------------------------------
ネルシーニョ・バチスタ監督の、次のチームはどこになるのだろうか。

|

« サッカー・ブラジル・オリンピック代表 その4 招集選手集合。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その63 ドーピングの審理は今年中にも。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル・サッカー:2007オフ その24 ネルシーニョ・バチスタ監督は語る。:

« サッカー・ブラジル・オリンピック代表 その4 招集選手集合。 | Main | サッカー:ロマリオの日々 その63 ドーピングの審理は今年中にも。 »